書き方・例文

工程表の見やすい作り方を解説!種類も多種多様!テンプレートを使う書き方も!



工程表の見やすい作り方を解説!種類も多種多様!テンプレートを使う書き方も!

建設工事の仕事場でよく使われる「工程表」は、工事の開始から完了までの工程をスケジュールにして分かりやすくする為に作られます。実は、工程表には多種多様な種類が存在するのです。工程表の種類・作り方・書き方について解説します。参考にして下さい。

工程表とは?

各業務の工程を表で纏めたものを言います。

工程とは

業務を進めて行く上での順序、過程またその進行の程度・業務の手順またその進み具合・生産過程を沢山の段階に分けて分業を行う際のそれぞれの加工段階

作業員は、この工程表を見てから、仕事の流れを認識したり、計画に必要な期間の認識をしておきます。

簡単に纏めると、一つのお仕事の予定表・計画表です。

建設現場等において、以下のような現場でのスケジュールにおいて問題を抱える事もあり得ます。

  • スケジュール通りに業務が進まない
  • いつも納期に追われてしまう

そのような人・現場には、工程表の活用を強くおすすめします。

工程表で各現場の工事のスケジュール・業務の進捗状況を日々チェック出来るだけで業務の効率はかなり改善されます。

受験勉強・ダイエットも目標を立てて逆算して計画を立てると効率良く進みますよね!

工程表を書くと、業務の開始~完了のお仕事をスムーズに進められます。

工程表・行程表の違い

工程表と似ている資料に「行程表」があります。

名前も似ているのに…!違いが不明だ!同じでは?と思っている人もいらっしゃいます。

工程表・行程表には大きく違うポイントがあるのです。

工程とは?

工程を辞書で見てみると、以下の通りです。

  • 仕事・工事のはかどり具合
  • 工事etcを進めて行く手順・段階
  • 業務の手順
  • 進み具合
  • 生産過程を沢山の段階に分けて分業を行う際のそれぞれの加工段階

工程表とは?

次に工程表を辞書で見てみると、以下の通りです。

  • 一個の品物を加工する過程を示した表で、各工程においてどのような種類の処理を行うべきかを表示したもの
  • 業務の順序・日程を示した表

工程表は、工事etcの仕事を進めていく順番や進み具合を書き込む・チェックを行う為で、仕事の日程・手順を纏めている表を指すものになります。

行程とは?

次に行程を辞書で見てみますと以下の通りで、主に地点から地点までの移動の長さや順序であり旅行の日程や予定を指します。

  • 道のり
  • 旅行の日程
  • 目的地までの道のり

行程表とは?

行程表を見てみますと、以下の通りです。

  • いつまでに何をやる、という目標、手段を定めた表

行程表とは、下記のように決定している日程までに・何を行うのか・どうやるのかetcを纏めている表を指すものになります。

  • 目的の場所までの距離や道のり
  • 旅行etcの日程
  • 目標までの過程・道のり

工程表の有無によるメリット・デメリット

書き方・例文、工程表、テンプレート

工程表のメリットとデメリットも押さえておきます。

メリット

工程表をきっちり作り、施主様とも共有を行う事で…

  • 施行管理の上で各工程を具体的に押さえられる
  • 人員の配置・業務時間・進捗状況をチェックし変更を行える
  • 現場において柔軟な対応が可能を行える
  • 結果的に業務効率の向上に!

デメリット

工程表のデメリットは、作成に手間がかかる以外は特にないです。

現在も各現場において、工程表の用意が無い現場もあります。

工程表が無い現場のデメリットは以下の通りです。

  • スケジュール管理がうまくいかない
  • 人員配置がうまく行えない
  • 業務効率が下がってしまう

工程表は作るに越したことはない!

工程表が無いものの、施行管理者の頭の中でという現場もあります。

しかし現場で業務にあたる人皆様にも共有頂く事で、現場に居る全ての人がスケジュールの進み具合を認識出来ます。

それは、各現場において自覚や責任を生み業務効率の向上にも寄与します。

よって工程表は以上のポイントからみても、必須だと指示されている訳ではないものの、工程表がある事による損失は無い為、各種工事現場etcにおいて不可欠な資料だと言えます。

工程表の主な役割・目的

工程表の持つ主な役割・目的も知っておくと、より深く理解が進んで作成時の姿勢も強いものになる為、チェックしていきます。

納期

工程表の主な役割は、スケジュール管理をして、納期までに確実に業務を終わらせる側面です。

工程表をチェック・認識して納期を守る為に活用します。

工期の短縮・人員配置・コスト削減

工程表をチェック・認識しておく事で、以下のような管理が簡単になります。

  • 進んでる現場を認識出来る
  • 遅れている現場も認識出来る

その為、工程表によって人員や業務の進捗状況etc全体像を認識しておけば以下のようなイレギュラーにもサクサク対応出来ます。

  • 人員配置を柔軟に変更
  • 現場でのトラブル

また工程表により業務を全体的に俯瞰すれば、現場の無駄etcが浮き彫りになります。

そして、その無駄を省いて効率を図る事によって、コストの削減に繋げられます。

工程表の種類

冒頭で、工程には種類があると説明しましたが、その種類は多岐に渡ります。

種類によって特徴が異なってくる為、工程表の種類における理解によってその用途に応じて使い分ける必要があります。

それぞれの種類・使い方を紹介します。

バーチャート工程表

縦に業務の項目・横に業務の日程(予定日数)と現在の進歩状況を線で示す表です。

比較的に簡単に書く事が出来て、見やすい表であり沢山の現場で見かけるメジャーな工程表の一つになります。

ただ、業務間の関連性が分かりにい為、どうしても曖昧な表記となってしまうポイントがデメリットです。

一般的にはバーチャート作業工程表が使われています。

ガントチャート工程表

図表上で時間を区切り、縦軸に業務名を入れ、横軸にそれぞれの工程の達成率を書き込む表です。

バーチャートに比べると、書き込みが少しだけ難しいポイントはデメリットですが、業務の進み具合や、トラブル・遅延etcを認識しやすいポイントはメリットです。

業務の進捗状況は業務が進むにつれて書き込む為、進捗率を押さえておくのに細かい部分まで見なくても直感的に進捗状況が分かるポイントは大きなメリットです。

ネットワーク工程表

丸・矢印の結びつきで表している表です。

丸と矢印手で、業務の順序etcの明確化が出来る為、工程を認識しやすくなるポイントや、工程内容に変更があり、影響がそうな状況でも影響を数量的にチェック出来るポイントはメリットです。

また、主に矢印の上には業務名を書き込んで、下には業務日数を書き込みます。

ネットワーク工程表は業務に必要となる工数や業務間の関連性、工程の流れetcを押さえておくのに適している為、大きな現場etc工数の多い現場で工程管理の際に向いています。

ただし、作成には専門的に知識も不可欠である為、書き込むのは簡単ではありません。

またネットワーク工程表は、進捗状況を抑えるには向いていないポイントは注意が必要です。

しかし、作成が難しく複雑で、専門知識が無いと扱いにくいポイントはデメリットです。

グラフ式工程表

バーチャートとガントチャートを組み合わせて作られた表です。

縦に進歩具合、横に日時を記入して、曲線で表します。

主に、進歩具合のチェックの為の表です。

進歩率や、業務予定日程のどちらもはっきりわかり、業務間の関連性も分かります。

その為、どの業務が遅れてて、それに伴ってどの業務に関連が出てしまうかetcがチェック出来るというポイントが大きなメリットです。

しかし、バーチャートやガンチャートと比べると、作成が複雑となるポイントや、慣れるまでは時間がかかってしまうポイントetcがデメリットです。

出来高累計曲線

縦に進捗率、横に日数を書き込む表で、業務全体の進歩業況に適している表です。

表の線を見れば、スケジュールが今どのような状態なのか、遅延状況etcが見やすいポイントがメリットです。

全体の進歩状況は見やすくても、個別の業務の進歩を押さえておけないポイントがデメリットです。

工程表における作り方のポイント

作り方のポイントを押さえておけば、より進行しやすくなる為チェックしてみて下さい。

  • 事前に、業務の大まかな一連の流れをメモ帳etcに書き出す
  • 各工程は少し余裕を持たせて書き込む
  • 業務内容は細かく分ける
  • 他の工程表と組み合わせるとわかりやすくなる

事前に、メモ帳etcに書き出す

工程表にいきなり予定を入れて行かず、まずは、一連の流れの大まかな内容をメモ帳etcに書き出しておくと良いです。

各工程は少し余裕を持たせて書き込む

各工程を決めた後、期間を設定していかなければいけません。

しかし、予定をつめすぎてしまうと後々になって天候やなんらかのトラブルetcで遅延が生じて、予定に余裕が無くなってしまいます。

余裕が無い状態でのお仕事は、ミスやトラブルを誘発してしまいがちです。

あらかじめ、一つずつの工程に少しずつ余裕を持たせておく事が肝心です。

業務内容は細かく分ける

業務内容を細かく具体的に分ける事で、業務の順番や関連性、それぞれの進歩具合も分かりやすくなります。

他の工程表を組み合わせるとわかりやすくなる!

各工程表にはメリット・デメリットが発生します。

それぞれ、メリット・デメリットを補うように組み合わせて書き込むケースもあります。

例:バーチャート工程表は進歩具合を押さえられない為、出来高累計曲線を組み合わせて書き込むetc…

工程表の作り方における注意点

工程表に書き込む上で、注意点も紹介します。

  • 内容を詰め込みすぎない事
  • 人材の割り当ては慎重に
  • 工程表の操作者を限定

内容を詰め込みすぎない事

一つの工程に内容を詰め込みすぎてしまうと、遅延が生じたり、焦ってミスやトラブルへの発展リスクがある為、内容には余裕を持って書き込むように注意して下さい。

人材の割り当ては慎重に

工程表を書く際は、あらかじめどのくらいの人材が必要なのかを想定して、確保しておく必要があります。

書き進めて行く段階で、不要な人材はカットしておいて下さい。

工程表の操作者を限定

PC編集の場合、他の人が触ってしまい、計算が狂ってしまうという事態を避ける為、ロックをかけておき、管理者やごく一部の人以外は触れぬようにしておく事をおすすめします。

工程表の種類は多種多様!メリット・デメリットによって使い分けを!

主に現場業務に不可欠な工程表について、その概要から具体的に使用される沢山の種類やその役割や作成での注意点etc解説してきましたが、こんなに種類がある事に最初は驚きますよね。

工程表は自分で書き込む事も大切でありますが、最初は慣れていなければ、書き込みに沢山の時間と手間がかかります。

そんな人は、無料でダウンロード実行が出来るテンプレートサイトのご利用をおすすめします。