【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
書き方・例文

文章の金額の書き方を解説!円と¥の違いは?カンマは千円単位?漢字で書くべき?ご祝儀などビジネスシーンで役立つ!



文章の金額の書き方を解説!円と¥の違いは?カンマは千円単位?漢字で書くべき?ご祝儀などビジネスシーンで役立つ!

ビジネスでは数字の扱いに慎重になるべきです。正しい金額の書き方を解説します。円と¥の違いは?カンマは千円単位?漢字で書くべき?など文章作成上での悩みを解消します。ご祝儀などビジネスシーンで役立つので必見です。

請求書や調書などに金額を書くときに、以下のような疑問を持つ方が多いようです。請求書には¥?円?カンマ(,)ってどこに打つのが正解?消費税は内税?外税?千円単位の書き方は?縦書きのときの数字の書き方は?

書類に金額を書く際の基礎情報

社会人になると。様々な書類に金額を書いたり見たりする事があります。請求書をはじめ見積書、支払明細書、調書など…。たとえば、雑誌や新聞で書かれている数字は万や億といった、細かい単位を漢字で表記されている事が多いですよね。そして、千・百・十などは、言い切りのケースのみで使われている事がほとんどです。

これは、読みやすさを重視されて書かれているのです。そして請求書や見積書などの書類には「¥」が頭についていて、数字の最後には「-」もしくは「※」が付けられています。これは、金額改ざんを防ぐ目的があります。

数字を書く書類によって書き方が異なるのです。

請求書の金額の書き方は「¥」?「円」?

書き方・例文、文章、金額、テンプレート

請求書にか書く「¥」「円」は、どちらを使用しても問題ありません。「円」を使うなら「金◯◯円也」のように、金額の一番うしろに「也」を付けるようにして下さい。「也」は「~である」「~だ」と訳します。つまり「金一万円也」とされているなら「一万円である」「一万円だ」という意味になるのです。

「¥」を使うなら「¥10,000-」のように、金額の後ろに「-」を付けるようにして下さい。「也」も「-」も、金額の付け足しや書き換えなどの改ざんを防げますので、必ず記載しておいて下さい。

【ビジネス文書では作成日や期限を明確に書く】

ビジネス文書では、作成日や期限などを明確に書く必要があります。

例えば「7月中」と書くよりも「2023年7月末日」「令和5年7月31日」と書くほうが、より確実です。書類発行日も同じく「令和5年7月3日」や「2023年7月3日」というように、正確に書く必要があるので覚えておいて下さい。

カンマ(,)ってどこに打つのが正解?

請求書など、書類に記載するカンマ(,)は、3桁ごとに打つ事が一般的です。高額な金額になればなるほど、カンマがないと金額が読みづらくなります。金額を読み間違う原因にもなるので、金額を書くときには必ずカンマを打つようにして下さい。

消費税は内税?外税?

消費税には「内税」「外税」があります。それぞれの意味は以下のとおりです。

  • 内税:表記している金額の総額に、消費税が含まれている表記方法
  • 外税:表記している金額に、消費税が含まれていない表記方法

請求書には基本的に、税抜きの単価、小計、消費税を記載して、最後に合計金額を記載する方法が一般的です。どちらで記載するかは、会社の決まりや先方の希望で決められますが、内税・外税どちらかが、相手に認識しやすいように記載する必要があります。

表記がわかりにくいと、ミスが起こりやすくなるので要注意です。

千円単位の書き方

文書によっては右上辺りに「単位:千円」というような、数字の単位が書かれている事があります。これは、この文書の数字の後ろには0を3つくっつけて読んで下さいという意味で書かれています。

例えば数字が「4,000」で、書かれている単位が「千円」だとすると「4,000千円」つまり、「4,000」に「000」をくっつけた「4,000,000=400万」となります。会社が大きかったりすると「単位:百万円」となる事もあります。数字の後ろに0を6つくっつけて読むので「4,000,000,000=40億」となりますね。

ビジネスシーンではこのような書き方をされる事も多いので、覚えておくといいですよ!

【書き方】縦書きのときの数字

例えばご祝儀や香典など、縦書きで金額を書くケースもあります。縦書きで数字を書くときは、基本的には漢数字で書くようにして下さい。漢数字でも大字・旧字がありますので、それぞれ紹介します。

金額 漢字 大字・旧字
1,000円 千円 壱千円/壱阡円など
3,000円 三千円 参千円/参阡円など
5,000円 五千円 伍阡円/伍仟円
10,000円 一万円 壱萬円/壱萬圓
20,000円 二万円 弐萬円/弐萬圓
30,000円 三万円 参萬円/参萬圓
50,000円 五万円 伍萬円/伍萬圓
100,000円 十万円 壱拾萬円/壱拾萬圓
漢数字・大字/旧字どちらを使っても問題はありませんが、不正を防ぎたいなら大字・旧字を使う事がおすすめです。

【書き方】契約書の金額

契約書のような大切な文書に、金額を書くときには十分注意が必要です。では、詳しく説明していきますのでチェックして下さい。

【書き方】契約書に記載する金額の書き方

契約書に書く金額は、アラビア数字・漢数字どちらでも問題ありません。一般的には、読みやすいとされているアラビア数字が使われます。

  • アラビア数字…1234567890
  • 漢数字…一二三四五六七八九十

アラビア数字なら、全角半角がありますが基本的にはどちらでも問題ありません。ただし統一しなければ、見にくくなるので要注意です。

金額の前には、改ざんを防ぐ為にも必ず「¥」を入れて表記して下さい。

【書き方】手書きの金額の書き方

契約書は手書きで書く事も稀にあります。手書きで数字を記入するなら、改ざん防止の為に漢数字を使って記入して下さい。また、漢数字でも先程紹介した「大字」を使うようにして下さい。金額は端数までしっかりと書いて、最後に「円」と入れて下さい。

文章における金額の書き方をマスターしてご祝儀などビジネスシーンで役立てよう♪

ビジネスシーンではご祝儀をはじめとするありとあらゆる金額を文章として残さねばならないシチュエーションが多くあります。正しく見やすい書き方をわきまえておくと安心です。請求書や見積書などに書く数字の前には「¥」もしくは「円」どちらかを記載して最後に「-」として改ざんを防いで下さい。

また縦書きや手書きの契約書を作成するときには、基本的に漢数字を使い「大字」を使う事をおすすめします。漢数字でも金額の前には「金」と付けて、金額の後ろには「円也」と付けるようにして下さい。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中