挨拶・マナー

営業マン・社会人は必見!決意表明の意味・書き方について例文を交えて解説



営業マン・社会人は必見!決意表明の意味・書き方について例文を交えて解説

営業マンになると、決意表明を提出しなければいけないシチュエーションが来ます。会社によっては毎年決意表明の提出を求められるケースも少なくありません。決意表明の作成時に多い悩みが「何を書けば良いのか分からない」という書き方についてのお悩みです。営業マン・社会人全般に役立つ決意表明の意味・書き方・例文を紹介します。

決意表明とは?

決意表明とは、以下を周りに伝える事です。

  • 仕事に対して自分がどう思っているのか
  • 今後どのように活躍をしていきたいのか
  • どのように行動をすべきか

決意表明を出すシーンは主に下記の通りです。

  • 新入社員の内定式・入社式
  • 新規配属先の部署
  • 大きなプロジェクトが決まった時

また、会社独自で年に1度社員が集合して、代表者が社長の前に出て決意表明を発表される所も珍しくありません。

このように、営業マンに限らず、社会人になると決意表明を求められるシチュエーションが多々あります。

決意表明・所信表明の違いについて

挨拶・マナー、決意表明、テンプレート

決意表明と似ている言葉に「所信表明」があります。

それぞれ大きな違いは無いです。

細かい違いで言えば、「所信表明」は公的な意味合い(総理大臣が国会冒頭で行う演説etc)が含まれているものを指す事が多いようです。

一般企業では、以下のように切り分けているところもあるようです。

  • 社内で行われるなら「決意表明」
  • 社外で行われるなら「所信表明」

どちらにしても、どちらにしなければいけないという決まりは無いですし、どちらも間違いでは無いです。

決意表明の目的

会社で行われる決意表明の目的にはいくつかありますが、その中でも大きいといえる目的は「自分の仕事への姿勢を表す為」という事が言えます。

社会人になると、自主的に行動して結果を出す姿勢を強く求められるようになります。

自身の決意や抱負を提出・スピーチを行う事で、大きな決意が出来て周りにも影響を与える流れが出来ます。

営業の決意表明に困ったときは四字熟語を使おう

営業の決意表明に何を書けばいいのか分からないと悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。

営業の決意表明に困ったときには「四文字熟語」を使う事がおすすめです。

決意表明で使える四文字熟語は以下のとおりです。

  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん) 困難を恐れる事なく、ひたすら前に突き進む
  • 一意専心(いちいせんしん) ただひたすら一つの事に集中
  • 不撓不屈(ふとうふくつ) どのような困難が訪れても決してくじけない心を持つ
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 頑固一徹(がんこいってつ) 最初に決めた事・思い立った事は最後までやり抜く
  • 下学上達(かがくじょうたつ) 身近なところで初歩的な事を学び始め、やがて高度なものに通ずる
  • 迅速果断(じんそくかだん) 物事について速やかに判断・行動
  • 奮闘努力(ふんとうどりょく) 何事にも全力で努力
  • 一心不乱(いっしんふらん) 1つの事に集中して周囲に惑わされない

四文字熟語の使用で、短い言葉で自分の意思を表明が出来るので、スピーチの時間も短縮が出来ます。

営業決意表明のポイント

営業の決意表明のポイントは以下のとおりです。

意気込み(意欲)を伝える

決意表明で最も大切なポイントが、自分の意気込み(意欲)を伝える事です。

具体的に語ると時間がダラダラと長くなってしまい、伝わりにくくなるので四文字熟語etcを利用して伝えると良いです。

その他にも、仕事への姿勢を示すのもおすすめです。

目標は抽選的で実現出来る事を伝える

目標を大きく持つ事はとても大切な事です。

ですが、どう考えても叶える事が難しい目標・作業量は適切ではありません。

目標を立てる事に悩んでいるなら、現実味がない目標を示すのではなく「社会人として、日々学び成長していきたい」というように、ありふれている内容で仕上げるのをおすすめします。

言葉遣いは丁寧に

基本的に決意表明は目上の方に提出します。

当然ですが言葉遣いは「丁寧」を意識して伝えるようにして下さい。

あまりにも「丁寧」を気にしていると間違った敬語・言葉使いをしてしまうリスクも出てくる為、普段使い慣れていない言葉は避けるか、言葉の意味を調べてから使うようにして下さい。

長文は避ける

決意表明はスピーチのケースと、提示だけのケースがあります。

どちらのケースでも、長文は避けて簡潔にまとめる必要があります。

熱意が伝わるようにと、自分の思いをすべて書いてしまうと長くなりがちです。

聞き手が退屈だと感じないように要点を押さえた内容に出来るよう、心がけて下さい。

スピーチなら「ゆっくり・ハキハキ」を意識した読み方で、3分以内に収まるように意識して下さい。

スピーチをするなら明るくハキハキと

せっかく良い決意表明が出来上がったのに、モゴモゴとした話し方でスピーチをしてしまうと思いを伝える事が出来ません。

また、周りにも「自信が無いのでは?」と感じさせてしまいます。

スピーチをするなら「明るくハキハキ・ゆっくり伝わりやすく」を意識した話し方を心がけて下さい。

スピーチの前に、何度か練習を行うのも効果的です。

例文

本日入社いたしました●● ●●(氏名)と申します。

出身は〇〇で大学(高校)では〇〇を専攻として学んでおりました。何事にも積極的に取り組む●●会社の一員になれた事、とても嬉しく思います。

いつまでも初心を忘れる事なく、本日から1日でも早く仕事が覚えられるように切磋琢磨してまいります。

出身や学校名etcの代わりに、「子供の頃から〇〇をやる事が夢で、その夢を実現出来る●●会社に入社出来て、喜びと希望でいっぱいです。」

このように「夢が実現出来る喜びと希望でいっぱい」と文章に起こすのも好印象です。

また、若手営業マンの決意表明のケースでは、以下の例文も参考になります。

昨年は無事会社の成績が右肩上がりの成長が出来ました。

この結果に満足せず周りへの感謝の気持を忘れずに毎日を大切にしていきたいと思います。

また、今年は前年比の◯%以上を目指して、さらなる成長が出来るよう邁進していく所存です。

その為にいつも勇往邁進の精神を持ち業務に当たります。

現実的な目標設定を!

営業の決意表明でいちばん大切な事は「努力をすれば実現出来る目標の意識」です。

目標に向けて頑張る事を伝える事はもちろん、どう頑張るのかを表現した書き方を意識して、決意表明を作成して下さい。