【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
書き方・例文

相関図とは?基本情報から作り方や書き方や作り方や書き方のコツをご紹介!文書作成方法を身に着けてビジネスで役立てよう



ドラマや映画の説明などでよく見る人物紹介では、わかりやすく相関図が使用されていることがほとんどです。ビジネスシーンでは、企業との関係性や部署がどのような仕事をしているのかなどを説明するためなどに使用されています。相関図の基本情報から作り方や書き方および作り方や書き方のコツを解説するので作成の機会があれば生かして下さい。

相関図とは?

相関図とは、複数の人の関係性を視覚化した図のことを言います。相関図を良く見るシーンといえば、ドラマや映画の人物紹介で俳優の写真を使い人物関係を表す際に使われています。人物関係を相関図に表すことでより、関係性がわかりやすくなるのでとても便利な図です。

ビジネスシーンでは、人材・製品関係など、関係性を把握しやすくするために使用されています。

数学や物理学でも使用されている

相関図は人物紹介やビジネスシーンだけではなく、数学や物理学などでも使用されています。これらの相関図の場合は「2つの変数の相関関係」を表すために使われています。

別名では「散布図」や「点図表」とも呼ばれています。

相関図の用途について

ビジネスシーンでは相関図は以下のような際に使用されます。

  • 人材マネジメント
  • 製品管理
  • 事業の相関図
  • 業界地図

この他にも、会社のプレゼンテーションのために使うこともできます。

人材マネジメント

会社の組織における人物相関図を作成しておくことで、その人たちの適切な活用をすることができます。皆さんがもっている能力を最大限に発揮するためには、その人の特徴・得意なことなどに合わせて人材配置をする必要があります。相関図にすることで、より適切な人材配置が実現するのです。

製品管理

製品に関わる関係性を相関図にすることで、在庫管理を効率的に行うことができます。例えば、製品を作るための部材同士の関係性を確認することや、必要な資材調達先、納品方法を一貫するなどの効果も期待できますよ!

事業の相関図

企業内の部署同士の関係性、取引先との繋がりなどを把握するための相関図は、よく会社の「概要説明」などに使われています。事業相関図を作ることによって、企業の構造を一目みるだけで把握することができ、自分の仕事との関係性なども確認できます。

業界地図

業界地図とは、簡単に言うと「企業の図鑑」です。その業界や企業研究で主に就活生などに使用されている相関図です。

  • 業界規模
  • トレンド情報・業界の今後の動向など
  • 企業規模・業績
  • 企業同士の関係性

などを相関図にしておくと、かなりわかりやすく解説することが可能になります。

相関図の作り方や書き方

書き方・例文、相関図、テンプレート

相関図の作り方や書き方にルールはありませんので、誰もが見てわかりやすい作り方や書き方を工夫して作るようにして下さい。しかし、法務局へ提出する「相関関係説明図」の場合ルールがあるので、そのルールに従って作るようにして下さい。

【作り方や書き方①】アイディアを出し合う(ブレインストーミング)

ビジネスシーンで作る相関図は「共同作業」が欠かせません。相関図を作る際には、複数人で話し合い、アイディアを出し合ってみて下さい。そうすると、より良い相関図を作ることができます。

【作り方や書き方②】事前に情報収集をしておく

相関図のアイディアがまとまったら、次に情報収集を行います。

  • 名前
  • 写真(あれば)
  • 所属部署
  • 電話番号やメールアドレス

企業の相関図であれば基本的に上記のような情報が必要となります。例えば、顧客と企業との関係性を表し、より良い関係性を築くために相関図を作る場合は、上記の情報に加え

  • 顧客の名前や登録番号など
  • 顧客と企業の付き合いの長さ
  • 顧客と営業担当の関係性(合う・合わない/投資しているなど)
項目は多ければ多いほど複雑な相関図になってしまい、情報の整理が難しくなってしまうので、最低限必要な情報を絞り込むことがコツですよ!

【作り方や書き方③】まずは簡単な書き出しから

初めから正書をすると、時間がかかることもあるのでまずはメモ帳などに簡単に書き出して下さい。

【作り方や書き方④】見やすいようにまとめる

メモ帳などに簡単に書き出して、ある程度の相関図ができれば次に正書を行って下さい。日常的に使うものや、仲間同士の確認程度で使うものであれば手書きの相関図でも問題ありません。しかし、他人が見る場合や会議に使うような場合は、しっかりと見やすいようにまとめることが重要となります。

専用のツールやExcel・Wordなどを使用してわかりやすくまとめるようにして下さい。

相関図作成時のコツ

ドラマや映画の相関図は、必ず主人公が中心にいてなおかつ一番目立つように作成されているかと思います。ビジネスシーンでもそれは同様で、企業の社長は必ず中央で一番目立つように配置するように注意して下さい。また、わかりやすく企業や部署ごとに色分けをしたり、合う・合わないなどでグループ分けするのも良いです。しかし、あまり細かく分けすぎると、わかりにくくなってしまうので注意が必要です。

相関図の作成時はコツを掴んで見やすいビジネス文書に仕上げよう!

相関図は複数の関係性を示すために作られる図で、日常生活からビジネスシーンなど、あらゆる場所で使われている図です。相関図にしてまとめることによって、それぞれの関係性を簡単に把握することができるだけではなく、説明がスムーズでわかりやすくすることもできるのです。

相関図の作り方や書き方には基本的にルールが無く、自由に作ることができます。ルールが無い=作成が簡単に思えますが、どれだけわかりやすく周りに伝えられるように作れるかコツを掴むのがとても重要となります。作成時には、色々な方からアイディアをもらいわかりやすい相関図が作れるように心がけて下さい。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中