【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
書き方・例文

SEO対策を意識した記事ライティングのコツとは?基本の文章の書き方を解説!文字数や記事構成も意識しよう



ライティングの仕事をしていると「SEO」という言葉を聞いた事があるかと思います。SEOはライティングをする上でとても大切な事なのですが「SEOって難しいんじゃないの?」「そもそもSEOって何?」と悩んでいる方も多いようです。SEO対策ライティングの基本について、文章の書き方やコツを紹介します。文字数や記事構成も意識する姿勢が大切です。

SEOとは?

SEOとは「検索エンジン最適化」の事を言い、正式名称は「search engine optimization」と言います。Googleなど、検索エンジンでKWを検索した時に、特定のWebサイトを検索結果の上位や検索結果の目立つ場所へ表示させる為の方法を意味していています。

検索結果上位に表示される事で、認知度が向上したりHPの集客効率を向上させたり、ブランディングなどの効果があります。また、これらの事を「SEO対策」と言います。ライティング業界では「SEOに強い記事が書けるように…」と良く耳にしますが、これは検索結果の画面上で上位表示されやすい記事が書けるようにという意味です。

SEO対策をした書き方のコツ

書き方・例文、SEO、SEO対策、テンプレート

SEO対策をした書き方のコツについては以下の通りです。

【ライティングのコツ①】ユーザーの意図を考える

ユーザーの検索意図に沿った構成になっているかどうかは、SEO対策においてとても重要な事で基本的な事です。検索に対するGoogleの方針(https://www.google.com/intl/ja/search/howsearchworks/our-approach/)をみてみると「関連性と信頼性が最も高い情報を提供する」と記載されています。

この事からも、Googleの検索エンジンに評価してもらう為には、まず記事の内容がユーザの検索意図に沿っているものになっているかという事が重要なのです。

例えば「20代女性 化粧水 選び方」で検索している人は「20代女性の化粧水の選び方が知りたい」と思って検索をしていると考えられます。さらに深掘りすると「自分に合う化粧水を使い、肌の悩みを解決したい」という意図が考えられます。

このように、検索している人の本質的な検索意図に沿っているコンテンツにする為にも「どんな内容を含めるべきなのか」を考えながら作成に取り組んでみましょう。

【ライティングのコツ②】E-T-Cを意識

E-T-Cとは以下の事を言います。

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性

例えば、医療系の記事を書いている人が「全く知識のない人」と「資格を持っていて実際に現場で働いている人」であれば、後者の方が信憑性が高く、参考にできるという人が多いのではないでしょうか。専門性のある運営者や記事作成者によって発信されたコンテンツは、SEOの評価が高くなる傾向にあります。

【ライティングのコツ③】KWをしっかりと含める

記事を上位に表示させる為には、KW対策も重要なコツになります。調べる人が、どのような単語・フレーズを入力するのかを想定して、KWを決めて記事内に含めます。

例えば「お味噌汁の作り方が知りたい」人がGoogleで検索をする場合は「味噌汁 作り方」と検索する事が考えられます。つまり対策KWは「味噌汁 作り方」となります。また、関連語・共起語を適度に含めるのも重要です。

関連語とは

「味噌汁」の関連語として「味噌汁 作り方」「味噌汁 具」など、あるKWとその他の単語を組み合わせたKWの事を関連語と言います。

共起語とは

「味噌汁」の共起語として「材料」「分量」など、味噌汁を説明する時に頻繁に使われる単語の事を共起語と言います。

【ライティングのコツ④】タグの設定は正しく

これまで説明したコツをしっかりと抑えていても、タグが正しく設定できていなければ意味がありません。SEOで上位表示を狙う為には、正しいタグの配置が必要不可欠になります。

  • タイトルタグをつけて、正確なタイトルをつける
  • メタタグを使う
  • 見出しタグをつけて、重要なテキストの強調

これらのタグをHPにつけるのは、SEO対策の中でも基本中の基本なのでしっかりと覚えておきましょう。

【ライティングのコツ⑤】読みやすい文章に

記事の構成はもちろん重要ですが、読みやすさも大切です。例えば、文字だらけの記事にすると離脱する人が多くなります。そこで、写真を挿入したりテキストの文字数を調節するなどの工夫をする事で一段と記事が読みやすくなります。その他にも以下のような点に気をつけて作成すると読みやすい記事が出来上がります。

  • 自然な文脈になっているかどうか
  • 誤字脱字、日本語の誤用などがないかどうか
  • 改行位置が適切かどうか
  • 目次の有無

SEO対策の注意点

SEO対策をする上での注意点は以下の通りです。

【ライティングの注意点①】最終チェックは怠らない

記事を実際に投稿する前に、必ず全体的なチェックをするようにして下さい。チェックする内容は以下の通りです。

  • 誤字脱字
  • 日本語の誤用
  • タグミスの有無
  • 引用URLは正しいか
  • 情報の誤りがないか
チェックは作成してから1日後など、日にちを空けてからチェックする事をおすすめします。

【ライティングの注意点②】不自然なKWにならないように

SEOの効果を最大限に発揮させたいと、KWをたくさん含めてしまうと文脈が不自然になってしまいます。また、KWを大量に盛り込んでしまうとGoogleからペナルティを受けてしまう可能性もあります。

ダメな例文

当店ではいつもの味噌汁が数倍美味しくなるお味噌を販売しています。当店の味噌は手作りです。当店の味噌のご購入をお考えでしたら、当店の味噌販売担当者までお問い合わせ下さい

上記は「味噌」を不自然に繰り返す事でかなり読みにくくなってしまっています。KWをたくさん使ったからと言って上位に表示されるわけではないので、KWの多用は避けるようにしましょう。

SEO対策を意識した記事ライティングのコツを掴めば多くの人に文章を読んでもらえる!文字数や記事構成も意識しよう

SEO対策を意識したライティングでは、ユーザーの意図を考えニーズに合わせた記事を書く事が基本中の基本です。ニーズから離れれば離れるほど、上位表示は難しくなっていきます。まずは書くKWが決まれば、関連性・共起性などを調べて作成を始めましょう。

また、文章の読みやすさもかなり重要になりますので、そう言った点も気にしながら記事を書いてみて下さい。文字数もある程度多い方がボリュームが合って中身のある記事だと判断されるケースもあります。但し、ただ長い文章で同じことの繰り返しであったり中身が浅い内容であれば逆効果です。

記事の構成も分かりやすい読みやすいライティングを意識すると有利に働きます。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中