書き方・例文

見やすい製品価格表の作り方を解説!料金表としても使える!無料テンプレートをサンプルにする作成方法も!



見やすい製品価格表の作り方を解説!料金表としても使える!無料テンプレートをサンプルにする作成方法も!

見やすい製品価格表の作り方を解説します。料金表としても使えるので会社で活用して下さい。会社の製品によって管理しやすいようにレイアウト・デザインをカスタマイズすれば尚良いです。作り方にいまいち自信が持てないという人は、無料テンプレートをサンプルに使う作成方法もアリです。

製品価格表とは?

製品価格表には、2通りの使用方法があります。

  • 従業員用
  • お客様用

どちらも、製品・商品の明確な管理の為に作成されるのですが、用途がそれぞれ違います。

従業員用

会社で生産される沢山の商品における料金管理の為には欠かせない資料です。

また、企画書の作成時にも利用されます。

製品価格表の必要性(会社用)

沢山ある商品の価格を聞かれた際に、価格をまとめられていないとお客様対応がもたついてしまいます。

お客様や取引先の方から下記のように不審がられてしまい、信頼を損ねてしまうリスクに繋がります。

  • 「自社の商品について、何も知らないのか」
  • 「本当に商品を販売するつもりがあるのか?」

自社の信用を失わない為にも、一目見て商品の料金を把握出来るようにしておく為にも、製品価格表は欠かせない資料です。

お客様用

製品の価格を見やすいように表示し、集客をアップさせる資料です。

製品価格表の必要性(お客様用)

会社の製品販売にあたり、大切なのが価格表です。

お客様のほとんどは商品購入時に価格を確認して、購入を検討します。

沢山の商品がある中でも自社の製品を購入いただけるように、製品についてサービス内容・価格のアピールの為にも、製品価格表は欠かせない資料です。

製品価格表の作り方におけるポイント

書き方・例文、製品価格表、テンプレート

製品価格表の作り方におけるポイントを会社用・お客様用に分けて説明します。

製品価格表の作り方におけるポイント(会社用)

会社で使う製品価格表を見やすくするための作り方ポイントをピックアップしていきます。

製品の画像を入れる

雑貨店をはじめとする多種多様な商品を数多く取り扱っている企業は特に、商品名だけ見ても何の商品なのかすぐには分からないケースがあります。

文章だけの表だと見やすい作り方だとは言えません。

商品の写真も一緒に添えて見やすい表の作成をおすすめします。

仕入先を書き込む

商品ごとに仕入先が違うのであれば、仕入先を書き込む事で商品発注時に見やすいのでとても役に立ちます。

色分けも大事

表に商品を記入していく際に、一行おきに背景色を変えておくと大きな表でも見やすいデザインに仕上がります。

製品価格表の作り方におけるポイント(お客様用)

お客様に見てもらうための製品価格表を見やすくするための作り方ポイントをピックアップしていきます。

〇×形式の表記だと見やすい!

お客様へ商品の性能を分かりやすく伝えたいなら、性能について詳しく書きたいところです。

しかし、盛り込みたい情報が多い事によって、表が複雑化してしまい分かりづらくなってしまいがちです。

例えば、電化製品販売であれば、以下のように性能について〇×で書き込む事で簡潔で見やすいレイアウトになります。

  • Wi-Fi:〇
  • Bluetooth:×

詳しい性能やピックアップしたい性能については、「商品詳細」といったの欄を作成して、別途書き込むと見やすいデザインに仕上がるのでおすすめします。

おすすめしている製品やプランを強調

同じ商品でも性能が違ったり、プランが違うケースでは、性能やプランごとに製品の性能や価格を紹介すれば見やすいです。

しかし、その中でも特に強く企業がおすすめしたい商品および人気商品を強調すると更に購買意欲をそそります。

お客様が購入時に迷わなくて済むので、より見やすい価格表となります。

お客様がどれを選べばいいのか一目で見やすいように

お客様のニーズに合った商品を選びやすくする為には、どのような方へ向けたプランなのかを書き込む必要があります。

化粧品の販売であれば、以下のようにどのような人におすすめな商品なのかを書き込みます。

  • 「乾燥肌の方におすすめ」
  • 「敏感肌の方におすすめ」
  • 「脂性肌の方におすすめ」
  • 「混合肌におすすめ」

この作り方であれば、お客様にとって見やすいですし商品のメリットを理解しやすいので、購入されやすくなります。

製品価格表の作り方における注意点

製品価格表の作り方における注意点を会社用・お客様用に分けて説明します。

会社用

会社で使う製品価格表を見やすくするための作り方における注意点を押さえていきます。

価格と商品を間違えないように

商品が沢山あるのであれば、商品と価格を間違えて記入してしまうミスが多くなりがちです。

クレームの温床にもなりかねない為、要注意です。

特に、先に商品名をすべて記入して、その後に価格を書き込む作り方は記入ミスが増えます。

一つの商品ごとに商品名と値段を正確に記入して下さい。

【NG!】商品名のみ先に記入
  • めがね
  • つくえ
  • いす
  • えんぴつ

※価格はまだ書き込まない。

【OK!】商品名ごとに記入
  • めがね・・・6000円

無理に1ページでまとめない

沢山の商品があるなら用紙を1枚で済ませたいと、1行のスペースをギリギリまで細かくしてすべての商品名が入るような作り方をする人がいます。

たしかに用紙の節約にはなりますが、見やすい表とは言えません。

あまりにも細かい行に分ける作り方はおすすめしません。

お客様用

お客様に見てもらう製品価格表を見やすくするための作り方における注意点を押さえていきます。

専門用語の使用

価格表を見るお客様のほとんどは、専門用語が分かりません。

専門用語を沢山使ってしまうと、見やすい表だとは言えません。

お客様も理解が難しく疲れてしまい、購入意欲がぐんぐん下がってしまいます。

誰にでも伝わるような見やすい作り方を実現したいのであれば、専門用語の使用は避けて下さい。

色を沢山使用しない

お客様の目に留まるように、派手に価格表を作成したくて、沢山の色を使った作り方をする人がいらっしゃいますが、かえって見づらくなってしまうのでNGです。

出来れば3~4色で絞った作り方をおすすめします。

製品価格表の作り方

製品価格表の作り方を会社用・お客様用に分けて具体的に説明します。

製品価格表の作り方(会社用)

会社で使う製品価格表のレイアウト・デザインを見て行きます。

必要項目

製品価格表に決まったレイアウトが無い為、一般的に使用されている項目を紹介します。

会社で決まった項目があるなら、それに従って作成して下さい。

  1. 商品の写真
  2. 商品名
  3. 商品ナンバー
  4. 価格
  5. サイズ
  6. 備考欄
商品の写真

商品の写真は縮小したものを貼り付けて下さい。

大きすぎるとかえって見やすい表から遠のいてしまいます。

商品名

商品名の正式名所を書き込んで下さい。

商品ナンバー

商品にナンバーがあるような商品ナンバーを書き込んで下さい。

価格

価格は、会社で指定されている価格を書き込んで下さい。

商品サイズ・カラー

同じ商品でカラーの種類があるなら、カラーを書き込んで下さい。

製品価格表の作り方(お客様用)

お客様用の製品価格表のレイアウト・デザインを見て行きます。

必要項目

必要最低限の項目を紹介します。

  1. プラン名や商品名
  2. 料金
  3. サービス内容
  4. 補足
プラン名や商品名

プラン名や商品名を作成して下さい。

特にプランがあるケースのプラン名は見やすい表記にして下さい。

例)毎月届く化粧品プラン

  • 1ヶ月10種類スタンダードプラン
    • 1ヶ月料金 5000円
    • 一括料金 119000円
  • 1ヶ月20種類プレミアムプラン
    • 1ヶ月料金 9800円
    • 一括料金 230000円
料金

商品購入時、お客様が一番に目が行くのが料金です。

料金は、見やすく大きく書き込む作り方をおすすめします。

サービス内容

サービス内容については、○×の作り方で表記します。

プランetcが無いのであれば見やすい太字にしたり、色を変えたり、工夫をして読みやすい作り方を心がけて下さい。

補足

補足欄には、専門用語についてお客様へ伝えたいポイントを書き込んで下さい。

テンプレートダウンロードサイトを使えば作り方が簡単に!

自分独力の作成は少し難しいケースであったり、時間がかかりそうだと思われた人は、無料でダウンロードが出来るテンプレートまとめサイトにて使いやすいデザインやレイアウトのテンプレートを探してみて下さい。

作成効率も上がり、エクセル編集出来るタイプもあるのでおすすめです。

見やすい製品価格表の作り方に欠かせないのは「客観性」

せっかく製品価格表を一生懸命作っても見やすいレイアウトでなければ、意味がありません。

会社内でも判断ミスの温床になりかねませんし、お客様に商品やサービスのアピールポイントが届きません。

シンプルで見やすいを心がけたスッキリしたデザインで作成すると業務効率化と売上UPの両方が実現します。