書き方・例文

個別催告書とはどんな紙面?様式や注意点や送るタイミング・雛形を説明



個別催告書とはどんな紙面?様式や注意点や送る時期・雛形を説明

何らかのトラブルが起こった際、催告書を作る機会が出てくるかもしれません。普段、自分から作りはしないかもしれませんが、トラブルになった際は催告書を作って円滑に解決出来る問題も出てきます。様式・提示方法・雛形についてチェックして行きます。個別催告書を要望されている方は目安にしてください。

個別催告書とは?

該当する人に対し、一定の行為を要望される紙面です。

例えば、下記のケースで債務者に対して会社側が提示するパターンが少なくありません。

  • 債務
  • カードローン
  • 住宅ローン

個別催告書はインパクトの強い紙面なので慎重に!

効力的には差し押さえ強制執行も可能になる為、受け取った人にとってみればかなりインパクトが強い紙面となり得ます。その為、作る際は法律や事実に則って、正しく作るのを目標にしてください。

「知れたる債権者」に個別催告書を送るケースが多い

個別催告書が良く使われる事例としては、会社の減資の際に知れたる債権者に通知する際です。これは、債権者を保護する為の措置になるのです。

知れたる債権者とは、下記の人々を指します。

  • 減資しようとしている会社の取引銀行
  • お金を貸している銀行
  • 売掛の取引をしている取引会社
  • 個人でお金を貸している人

個別催告書の役割は?

書き方・例文、個別催告書、テンプレート

個別催告書は、むやみに作ってはいけません。

督促状と近しい意味合いを持っています。しかし、前述したように強い効力を持っている紙面のひとつである為、手軽にお金を返さないとか支払いがないという理由だけですぐに発行するとトラブルに発展してしまう危険性があります。

個別催告書を作るにあたり、どんな目的が達成出来るのかを解釈してください。

送る方法は「主旨証明郵便」がおすすめ

個別催告書は、文面にかなり強い文言で支払いを要望されるような主旨です。その為、ポストに投書して普通郵便で届けるというよりも、b>主旨証明郵便として届けた方が送付先には強いインパクトを与えられます。

個別催告書はどんな人に送る紙面?

下記の人に対して有効になるものです。

  • いつまでも支払いに応じない
  • 悪質な手段で支払いを逃れようとしている

その為、個別催告書を作る際は前述したような方法で提示するという手段もあります。

個別催告書は債権者を保護する紙面!

個別催告書は債権者を保護する為の紙面です。個別催告書の役割を知る為にもインターネット上で調べて学ぶ姿勢が大切です。法的に重要なvなので、使用する際は役割についてよく知っておいてください。

個別催告書と印鑑の押印について

会社の印鑑の押印の要否で迷う会社の代表者も多いようです。顧問弁護士がいるなら、顧問弁護士に確認してください。結論としては、印鑑の押印は特に要らないようです。ただ、これには条件があります。法定された文言を記入されているなら、印鑑の押印は必ずしも大切ではないです。

個別催告書の注意点

かなりインパクトの強い紙面なので送付先にプレッシャーを与えられます。しかし、一方でトラブルに発展しやすいものでもある為、注意をしながら作る作業が要望されます。

個別催告書は法律関係の紙面

まず、ビジネス紙面というよりは法律に則った紙面です。その為、送る送付先とはビジネスだったり、良い人間関係だったり、そのような関係性ではなく紛争相手として認識されます。弁護士を通じて支払いを要望されるようなケースになる為、個別催告書を提示した先の人間との関係性にヒビが入るという可能性があるので注意してください。企業と個人というケースもあります。

個別催告書を送る際は段取りを考えて!

このような際、手順を間違えてしまうと送付先も弁護士を立てて攻撃してくる苦境が考えられます。少し腹立たしいからという小さな出来事で作るのではなく、そこはあくまで冷静になって時期を見計らって提示するような段取りがおすすめです。

個別催告書に関する注意点を更に学びたいなら雛形を検索!

注意点もインターネットにて調査すると良いです。当サイト以外にも他のサイトを見ると良いです。1つのサイトだけでは注意点に関しても解釈が深まらないです。個別催告書は、1つの事例に対して使われる紙面ではないので、様々な事例を踏まえてどんな紙面なのか解釈を深めるべきです。

個別催告書を提示する時期は?

個別催告書は送る時期が大切という話をしました。提示する時、その時期を間違うと大きなトラブルに発展しやすく、注意が大切な紙面のひとつとして考えられています。

「督促状→個別催告書」の順で!

まず、個別催告書を出す時は督促状を先に出している事が重要です。督促状を送って、送付先に支払う意志があるのかを確認します。送付先からの連絡を待って自主的に動くと双方が納得出来る支払い方法を探るという流れになります。

しかし、督促状を提示しても返信がなかったり、リアクションが1週間以上なかったら、個別催告書の作成を考えても良いです。

督促状に、何週間以内に返信をと期限を設けておくとトラブルを回避する手段になるのでおすすめです。また、何らかの契約をした際にその契約書の中に個別催告書についても触れておくと良いです。滞納をして1ヶ月以上、アクションが無かったら個別催告書を送る可能性があるという点を送付先に送った際にトラブルにならないように前もって通知しておくと安心です。

個別催告書の様式

法的効力を持っている紙面なので、正しい様式で漏れなく作る作業が重要になっていきます。

特に、法的にこれを記入しなければいけないというポイントが様式として定められている訳ではありません。しかし、ある程度は基本的な様式に沿って個別催告書を作る作業が要望されます。

様式について分からないという方は、インターネットで調査すると効果的です。当記事だけではなく、他記事もチェックする作業が重要です。色々な角度から様式について解釈を深める作業が重要です。気を付けて欲しいのは、1つ1つの項がどんな意味合いが持たれているのか、考えながらて解釈しながら色々なサイトを見て行く点です。解釈を深めれば欲しい個別催告書の様式にたどりつけます。

個別催告書の項

大切な項を解説します。

宛先

まずは宛先の項を埋めます。通知する送付先の名前や会社名です。仮に、送付先が債務者だったら「債務者○○」という様式で項を作っても問題ありません。

発行日・差出人

次に、発行日差出人です。個別催告書については、この発行日と差出人がとても重要です。仮に、送られている理由が身に覚えの無い企業だったというケースもあります。差出人がどんな立場なのか、しっかりと記入出来るようにしてください。

表題

そして表題です。下記の記入をしているパターンもあるので目安にしてください。

  • 通知書
  • お願い
  • 貸金返済請求書

個別催告書という文言で作っても良いですが、あまり送付先に心理的ダメージを与えない為にも、やわらかな表現で記する状況もあります。バランスよく考えていく姿勢が大切になってくる項です。

催告の理由

もっとも債権者が気にするポイント、個別催告書が送られてきた理由の欄です。

まず、送付先が債務者だったら支払いの確認が取れていない旨の文章が重要です。「○○日に督促状を出しているにもかかわらず、○日現在支払い確認が取れていない」、その為個別催告書を提示するに至ったという旨をしっかりと記入してください。意味もなく、理由もなく届けてしまうとトラブルに発展しまうので注意が重要です。

支払金額

そして、支払うべき金額です。どの程度債務者側が支払うのか細かく金額を提示してください。

支払先・支払期限

その後、支払い先期限も記入します。

今後の対応

さらに、個別催告書に記入された期限に支われなければ法的手段を取るという最終手段を送付先に通告します。強制執行の力がある為、ここに記入せずに取り立てを行なうとトラブルに発展します。細かな部分ではありますが、要所の項に注意しながら作った方が良いです。

個別催告書の記入項の解釈を深めるために…

上記で基本的な項は説明しましたが、他のサイトも複数見て様式を学ぶ作業が重要です。1つのサイトを見るだけで解釈を深めるのは困難です。様々なサイトや様々な事例を見ると様式に対する解釈が深まります。本質を掴むと、どんな様式が良いか判断出来ます。

個別催告書の本質を掴んでいないと自分にとって大切な項や、どんな文章が適切なのかが判断出来ません。どこかのサイトの様式を真似しても必ずしもそれが正解だとは限りません。個別催告書において重要な項は、全てが一緒という訳ではないのです。事例毎に大切な項が違ってくる可能性もあります。個別催告書は重要な法的紙面なので、適当に書き上げるのは良くありません。必ず深く解釈してどんな紙面の様式が適切なのかよく解釈して下さい。

個別催告書の雛形

個別催告書は、法的にも強い効力をもっている紙面です。決まりはありませんが、ある程度は基礎的な部分を考慮しながら作る作業が要望される為、注意が大切です。仮に、作った経験が無いetc、どんな主旨で作れば良いかが分からないという方も少なくないです。

そのような方は、自分でひとつずつゼロから作るのではなく、雛形の利用をおすすめします。インターネット上には、雛形が数多く存在しており、それらを利用すると手軽に個別催告書を作れます。

特に、強い口調の文言も雛形には記入されているので、それらをアレンジして利用すると手早く作り終わります。個別催告書をどう作れば良いか分からず、不安になっている方は雛形をぜひ利用してみてください。

個別催告書を作る上で、雛形を使うのは効率的で良い考えです。ただ、1つの雛形だけを見て作るのではなく複数の雛形をサンプルにして作ってください。既に雛形を利用して作った経験がある方は良いですが、初めての方は、複数のサイトの雛形を見てどう個別催告書が作られているか見て、解釈を深める作業が重要です。

複数の雛形を見る作業のメリットは、比較対象が出来るというポイントです。それぞれの雛形の特徴がありますので、良い部分を見極められるように解釈を深めてください。項1つ1つに対してなぜこの項は記入されているのか考え解釈しながら個別催告書を見て行ってください。

【まとめ】個別催告書は送る時期・記入主旨に充分気をつけてください!

個別催告書は、最終通告にもなり得る法的な効力を持つ重要で強い力を持つ紙面です。その為、提示する時期に留意したり、記入主旨をミスなく慎重かつ具体的に記入しなければトラブルに発展してしまいます。作る際は正しく作る・時期に気をつける姿勢が欠かせません。