【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
書き方・例文

記事の文章の書き方のコツを解説!基本を押さえれば初心者でも読みやすい構成で記事執筆が可能!手順と注意点を抑えよう



記事の文章の書き方のコツを解説!基本を押さえれば初心者でも読みやすい構成で記事執筆が可能!手順と注意点を抑えよう

近年では家にいながら仕事が出来る副業や本業として、記事の文章を作るライティングが人気です。しかし読みやすい構成など基本が抑えられていなければいくら記事を書いても読まれません。逆に言えば初心者でも書き方のコツを身につけていれば読まれる記事の文章が書けるようになります。

挑戦しようと考えている方も少なくありません。記事作成の仕事は、家にいながらもスキマ時間で簡単に取り組める為、主婦の方でもやりやすいお仕事です。そんな中「そもそも記事作成ってどうすればいいの?」「わかりやすい文章の書き方が知りたい」とお悩みの方も。コツや注意点をマスターして楽しく副業に取り組めると良いですね。

記事構成の基本「手順」

記事作成を効率よく進める為に、まずは手順を知る必要があります。クオリティの高いものを作る為には、以下のような手順を踏んでから作成を始めて下さい。

  1. 記事テーマの決定
  2. 記事構成の作成
  3. 構成に沿って情報収集
  4. 本文の執筆
  5. 最終チェック

それぞれ具体的にチェックしていきます。

【記事構成の基本①】記事テーマの決定

まずは記事のテーマや目的を決めて下さい。具体的には「何を狙って、何について書いていくのか」を決めます。テーマや目的が決まらないまま記事を作成してしまうと、スムーズな記事作成が出来ません。この、テーマと目的を洗い出す為には、以下のような事をチェックして下さい。

  • 誰(ターゲット)に向けた記事なのか
  • 一番伝えたい事はなにか
  • この記事の最終目的
  • 上位を狙う為のキーワード

例えばドッグフードの宣伝をする為の記事を書くとしたら、以下のようになります。

誰(ターゲット)に向けた記事なのか ドッグフードを探している飼い主さん
一番伝えたい事はなにか 愛犬の犬種や年齢に合ったドッグフードを選ぶ事
この記事の最終目的 勧めているドッグフードを購入してもらう事
上位を狙う為のキーワード ドッグフード おすすめ

上記のように、予め4つの事を決めっておくと、目的を見失わず記事作成が出来るので、まずはテーマと目的を洗い出して下さい。

【記事構成の基本②】記事構成の作成

次に、はじめに決めたテーマと目的に沿って記事構成を作ります。構成を作らずに執筆を始めるのは、地図を持たずに土地勘のない目的地へ向かうようなもの。迷わない為にも、予め構成を作っておくのです。では具体的にどんな構成をすれば良いのか。さきほどのドッグフードに関しての記事例を見ていきます。

  • タイトル:犬におすすめなドッグフードをライフステージ別でご紹介
  • 中見出し:まずは犬にとって注意したい原料について知っておこう
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 中見出し:ドッグフードの選び方
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 中見出し:子犬用ドッグフードのおすすめ5選
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 中見出し:成犬用ドッグフードのおすすめ5選
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 小見出し:〇〇
  • 中見出し:老犬用ドッグフードのおすすめ5選
  • 中見出し:まとめ

【記事構成の基本③】構成に沿って情報収集

構成が出来上がったら、誤った情報を記載しないよう、専門家や公的機関などが発信しているような信憑性の高い裏取りが出来るサイトを参考に、情報を引き出して紹介します。初心者の方の場合は、構成の時点である程度文章の流れや内容をメモしておくと、後で執筆しやすくなりますよ。

【記事構成の基本④】本文の執筆

構成が完成して情報がまとめられたら、構成に沿って本文の執筆を始めて下さい。しっかりと構成が作り込めていれば、後々何を書けばいいか迷う事が少なくなります。後々追加で必要になる情報も出てくるので、その都度調べて下さい。

【記事構成の基本⑤】最終チェック

記事作成において、最終チェックはとても重要です。最終チェックする際には、以下のような事を確認して下さい。

  • 誤字脱字
  • 文書のねじれ、理論の飛躍がないかどうか
  • 日本語がおかしくないかどうか(誤用をチェックする)
  • 見出しとその文章の結論にずれがないかどうか

また、契約する会社や掲載先によってルールは異なります。たとえば「~でしょう」「!」は使わない、「。」の後は必ず改行など…。規約に沿った記事が書けているかどうかもチェックして下さい。

記事の文章を書く時の注意点

書き方・例文、記事、テンプレート

記事の文章を書く時の注意点は以下のとおりです。

  • ひらがな・漢字のバランスに注意
  • 一文を長くなりすぎないよう注意
  • 語尾の連続に注意
  • スマホからの閲覧が前提

それぞれ詳しくチェックしていきます。

【記事の文章作成における注意点①】ひらがな・漢字のバランスに注意

記事を書く際には、ひらがなと漢字のバランスに注意しながら作成して下さい。漢字が多すぎると、読む気を失くす人が多いです。このときに、統一する事も大切。例えば同じ記事内ではじめは「挨拶」としていたのに、後々「あいさつ」とひらがなになっていたりすると、読み手が混乱する恐れもあります。表記ゆれには気をつけて下さい。

【記事の文章作成における注意点②】一文を長くなりすぎないよう注意

一文が長くなりすぎると、読者が疲れてサイトからの離脱が発生する恐れがあります。一文を長くなりすぎないよう、削れる文章がないかどうか最終的に必ずチェックして下さい。

【記事の文章作成における注意点③】語尾の連続に注意

同じ語尾が連続してしまうと、幼い印象を与えてしまい、読者からの信頼を損ねてしまう恐れもあります。

例えば

ドッグフードを選ぶ際には、必ず原材料をチェックします。原材料は使われている量が多いものから表記されています。お肉やお魚から書かれている物を選ぶ事をおすすめします。

ドッグフード選びで重要なのが、原材料のチェックです。原材料の記載は、使われている量が多いものから表記されている為、お肉やお魚から書かれている物を選びましょう!

最低でも2つ以上は続かないよう、気をつけて下さい。

【記事の文章作成における注意点④】スマホからの閲覧が前提

基本的に、WEBに掲載する記事は、スマホから閲覧する事を想定して作成して下さい。記事作成はパソコンでされる事がほとんどですが、スマホで読まれる事を前提に改行したり装飾したりするようにします。

ただし、具体的に「何行で改行するかどうか」「文字の大きさ」などは、掲載先によって異なるので、必ず作成前にチェックしておいて下さい。指定がない場合は、掲載先のHPなどにアクセスして、他の記事を参考にするようにして下さい。

記事の文章の書き方の基本的なコツを押さえて読みやすい構成で執筆をしよう♪

記事の文章の書き方やコツを紹介しました。最初は誰でも初心者ですが慣れていないと右往左往してしまいます。まずは読者にとって読みやすい構成を意識して筆を進めてみて下さい。今ではサイトやブログにおける記事を量産して副業を始める人も少なくありません。

ライバルは沢山いますが、その中で勝つためにもやはり基本の構成を押さえるという姿勢は大きなカギとなります。簡単なようで難しい記事作成ですが、コツをつかめば誰でも簡単に文章力を上げられますので根気よく続けてみて下さい。


質問や回答の投稿で隙間時間に簡単にお小遣い稼ぎ☆