言葉・意味・使い方

貴殿や貴公や貴台とは?使い方の違いを知って使い分けよう!類語を学んで言い換えもこなして失礼をなくそう



貴殿や貴公や貴台とは?使い方の違いを知って使い分けよう!類語を学んで言い換えもこなして失礼をなくそう

ビジネスにおいて難しい用語を活用する状況もございます。貴殿や貴公や貴台とはどのような意味を持つのか?これらは相手を指す名称です。似ている用語ですが、使い方の違いを学んでうまく使い分けると良いです。更に、類語を学んで使いどころに応じて言い換えると好印象です。失礼のないスマートなビジネスマナーを身に着けて下さい。

【貴殿】【貴公】【貴台】とは?

社会人になると以下の用語を1つは耳にした機会があるはずです。

  • 貴殿
  • 貴公
  • 貴台

それぞれ意味が少しずつ異なる用語です。

それぞれどのような意味があるのかチェックしていきます。

貴殿(きでん)とは?

【貴殿】はビジネスで最も耳にした経験があると思います。

貴殿とは【あなた】といった意味で、【あなた】をより丁重にした用語です。

口語では一般的には使わずに、手紙やメールの文語で使われています。

【貴殿】の使い方とは?

貴殿の使い方は、一般的に男性に向けて言われるのです。

男性の方が目上の方に向けて【あなた】と言う代わりに【貴殿】とする事で敬意を表す事が出来ます。

同等の男性相手にも使えます。

【貴殿】の留意事項

元々目上の男性の方への用語が【貴殿】ですが、近年では同僚の男性相手にも言われる事があるので、人によっては【見下されている】【失礼】と捉えてしまう人もいらっしゃいます。

目上の方には、シチュエーションや相手によって正しく敬称を使い分けて下さい。

無難なのは●●様と名字に様をつけて相手を呼ぶ事です。

【貴殿】がよく言われるシチュエーションとは?

良く言われるシチュエーションは、主にビジネス関係の公的な場です。

例えば、手紙の文中や会社の採用結果のお知らせや感謝状です。

使い方としては、以下のような例があり、辞令でも活用されます。

  • 貴殿におかれましては益々ご清祥の事とお喜び申し上げます
  • ◯月◯日をもって、貴殿を●●部営業部長に命じます

貴公(きこう)とは?

貴公とは、【おまえ】【きみ】といった意味です。

ビジネスシチュエーションではあまり聞く事のない【貴公】で、留意事項が幾つかある為、あまり多様しない事をおすすめします。

【貴公】の使い方とは?

【貴殿】と同様、口語ではなく文書にて男性が男性に向けて活用するのですが、貴殿との違いは活用する相手です。

貴公は主に、対等な相手もしくは目下の方へ使います。

注意しなければいけないポイントがございますので、使用前に要チェックです。

【貴公】の留意事項

貴公は、使い方にも記載しているとおり、対等な相手もしくは目下(部下etc)に使います。

上司へ使ってしまうと失礼に当たるので用心して下さい。

また、貴殿と同じく女性に向けても活用出来ないので、用心して下さい。

【貴公】がよく言われるシチュエーションとは?

貴公はあまり多様されないので、書類上でもあまり見る機会が無いかと思います。

以下のように、目上から目下の方へ向けた文書で使えます。

例文①

貴公が提出した論文を確認した結果、幾つか矛盾ポイントが認められました。

確認のうえ修正して再提出をお願い致します。

例文②

先日起こった貴公の配属について、人事部に異動といった結論に至りました。

つきましては、異論がなければ引き継ぎ業務を進めて下さい。

貴台(きだい)とは?

貴台とは、貴殿同様【あなた】といった意味を持ち併せています。

元々貴台は【貴族の宮殿・建物】といった意味がありました。

時代が進むにつれて人に向けて【あなた】といった意味で普及しました。

【貴台】の使い方とは?

貴台の使い方は貴殿・貴公と同じく口頭ではなく文語です。

そして、目上の方に向けて【あなた】と呼ぶ代わりに使えます。

貴殿や貴公との違いは女性に向けても活用出来るといったポイントです。

男性用として認知している方も多い為、基本的には男性で自分より目上の方へ活用する事をおすすめします。

【貴台】の留意事項

実際に【貴台】を活用するシチュエーションの留意事項は上記にも記載したとおり、女性に向けては問題はありません。

とはいっても、主に男性に向けた用語といった認知をされている方も多いので、女性に向けては控えたほうが無難です。

【貴台】がよく言われるシチュエーションとは?

主に目上の方へ向けた感謝や御祝のメールや手紙によく活用されます。

例文①

貴台におかれましては、益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

例文②

貴台にはこの度●●部部長にご栄転なさいました事、誠におめでたく心からお祝い申し上げます。

例文③

これもひとえに、貴台の…

女性に向けては【貴女】

言葉・意味・使い方、貴公、貴台、貴殿、テンプレート

【貴殿】【貴公】【貴台】の中でも【貴殿】【貴公】は男性同士で使われ、女性に向けてはふさわしくないです。

また、貴台は女性に向けても使えますが、控えたほうが無難です。

女性に向けて【あなた】と呼ぶなら【貴女】や【●●様】と他の用語を選ぶのがベストです。

貴女=身分が高い女性を意味しているので、尊敬の意を表すシーンに使えます。

【貴殿】【貴公】【貴台】同様、口語では控えたので用心して下さい。

その他用語の言い換え類語

その他、用語の言い換えに活用出来る類語は以下のとおりです。

貴職(きしょく)

相手の身分・職名を敬う用語です。

公務員に向けた尊敬語です。

文語として活用出来ます。

貴兄(きけい)

同僚や先輩に向けた敬称です。

男性の男性に向けた用語です。

文語として活用出来ます。

貴方(あなた)

同等・目下に向けた敬称です。

男女共にOK。

口語・文語共にOK。

貴様(きさま)

本来は【あなた様】といった意味で相手に敬意を表す敬称ですが、現代では相手を見下すシチュエーションで出てくるので使用時には用心が必要です。

男女共にOK。

口語・文語共にOK。

【貴様】に関しましては、本来は相手に敬意を持った用語です。

とはいっても、現代では相手を見下す・罵っているシーンで発せられる為、ビジネスシチュエーションでの使用はもちろんプライートでもおすすめは出来ません。

単語の違いを学んで、類語に言い換えて適切な使い方をすれば失礼のないやりとりが出来る!

貴殿=男性の男性に向けた用語。【あなた】をより丁重にしたもの。

貴公=男性の男性に向けた用語。対等な相手もしくは目下相手に【あなた】といった意味。

貴台=目上の方に向けた用語。

女性に向けても使えます【男性に向けた用語】と認知されている方が多いので、女性に向けては控えたほうが無難です。

それぞれの注意がある為、どの敬称を使えば良いか迷ったら【●●様】と名字に【様】と敬称をつけて呼ぶ事をおすすめします。