【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
挨拶・マナー

印鑑の押す位置は?実印や社印やシャチハタと種類豊富な印鑑の使い方や押し方のビジネスマナーを押さえよう



印鑑の押す位置は?実印や社印やシャチハタと種類豊富な印鑑の使い方や押し方のビジネスマナーを押さえよう

ビジネスシーンでよく使うアイテムといえば、印鑑です。近年、印鑑離れを進めようという事でペーパーレス化が叫ばれて存在しますがそれでも未だに印鑑が必要な業種も多いです。また、ペーパーレスになったとはいえ電子印鑑etcが存在する為、その押し方etcのマナーは変わりません。ビジネスマナーにあたる印鑑の押す位置に関して解説します。他にも、実印や社印やシャチハタと種類豊富な印鑑の使い方や押し方に関しても解説して存在します。

印鑑を押す場所にマナーがある?

押印のタイミングというのは、プライベートでも比較的少なくありません。何らかのローン契約を結ぶ時だったり、ちょっとした契約書に印鑑を押すといった機会は誰でも一度はあります。

また、郵便物が届いた時にサインではなく印鑑を使ってサインを行う人もいるはずです。この際、大抵はこの位置に押して下さいといった目印もありますし、仮にそこに押されていなくても大抵はそれが効力を持つ形となります。

そんな中でビジネスシーンでも印鑑の利用機会は少なくありません。押印に馴れている人であれば別ですが、あまり普段使わない人であれば、あまり考え無しに押印してしまっているかもしれません。

とはいえ、ビジネスでは印鑑の種類や押す位置と細かく押し方に関わるマナーが存在しており、それを間違うと契約上での大きなトラブルに発展してしまう事すらあるのです。まず、種類を理解したいところです。

  • 実印
  • 角印
  • 社印
  • 銀行印

これらのほかにもいろいろとありますが、自らの氏名が記入されたものではなく、社印etc企業名が記入されている印鑑も存在して存在します。こういったケースでは、やはりしっかりと押印されている事が重要になります。

たかが印鑑と考えず、しっかりと押す位置に関しても考慮しておくのがビジネスシーンでは重要なのです。

ビジネスマナーにあたる印鑑

挨拶・マナー、印鑑、押し方、テンプレート

ビジネスマナーにあたる印鑑の使い方に関して解説します。今後、利用機会が訪れる可能性が高い人は、マナーを理解した上で行動して下さい。

【印鑑マナー1】正しい持ち方で対処

印鑑を利用する際、基本的には正しい持ち方での対応が求められます。正しい持ち方が存在しており、それを実践する事で適度な力で押印出来ます。

  1. 人差し指を印面の文字の真上に当てる
  2. 親指と中指との3点で支える

こういった押し方が美しいとされて存在します。正しく持てている事で、かすれてしまったり、にじんでしまったり、またうまく押せなかったりとミスに繋がる事がありません。

印鑑の持ち方は、WEB上の画像も参考にしながらチェックしてみると良いです。

【印鑑マナー2】水平なところで押す

正しく押印する為には、基本的に水平の場所で押す事が求められます。荷物etcを受け取ったり、周囲にそういった場所がない際、どうしても水平ではない場所で適当に押してしまう方は多いです。もちろん、プライベートの事案でかなり急いでいるというのであれば良いですが、ビジネスシーンではあまりよろしくありません。

少し時間がかかっても良いので水平の場所で押印すると良いです。また、どうしても見つからないならファイルを利用して押印して下さい。

一方、デスクで押印可能という事で、そのまま特に工夫をせずに押印する人も存在します。水平であり、特に問題ないと思われるかもしれませんが、デスクの表面がでこぼこしていたり、書類で段差が出来ている可能性もあります。

その場合、結果的にかすれてしまったり、ズレてしまうといった押印にあたるトラブルが発生してしま存在します。それを避ける為に、出来れば捺印マットを利用すると安心です。ほど良いクッション性や弾力性、さらに水平性が保たれる便利なアイテムですので、一枚あるだけで押印作業がぐっと楽になります。

【印鑑マナー3】意外に知らない朱肉の付け方

近年、すでに朱肉がつけられているものであったり、シャチハタが主流となってきて存在します。プライベートで荷物の配達に使うのであれば良いですが、ビジネスシーンではあまり利用される事はありません。その為、印鑑を利用するなら専用朱肉につけ、そこから押印といった流れになるはずです。

とはいえ、朱肉の付け方が足りないとかすれてしま存在しますし、付け過ぎるとにじんでしまったり、意外に難しいものです。朱肉の付け方にもマナーが存在しており、“2回程度、軽くぽんぽん”と押すだけで良いとされて存在します。また、必ず全体に朱肉が付いている事を確認しておく事もポイントです。

上からしっかりとズレないように角度をつけて押すようにして下さい。

押印位置はどこ?

ビジネスシーンにあたる印鑑の基本的な利用方法に関して解説しました。押印の際にどの位置に押すべきか解説します。

印鑑の押し方

印鑑証明が必要になる場合、氏名の右横に押印するのがビジネスマナーとされて存在します。「氏名〇〇印鑑」といった流れで覚えておくと良いです。名前や他の文字に被らないように押されている事もポイントになります。

中には印鑑証明が不要なケースもあります。このケースでは、名前と軽く被るような形で押印して問題ありません。偽造・複製防止のセキュリティが関わる事から、こういった形で押す事がマナーとされて存在します。契約書でも、割印を求められますがそれと同様です。

法人なら、社印を押す場合は後者のように社名に簡単にかぶるように押し、実印なら部署名と氏名を記入した右横に押します。

特に難しい位置ではありませんので覚えておくようにして下さい。

印鑑の押し方にもマナーがある

印鑑の押し方にひとつにもマナーが存在します。印鑑の文化はだんだん衰退してはいるものの、まだまだなくなってはいません。種類や押し方そのものを身に着けて置くと安心です。ビジネスパーソンとして一目置かれる為にも、使い方や押す位置を間違えぬよう努力してみてはいかがですか。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中