【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
挨拶・マナー

ビジネスメールでの年末の挨拶文!マナーを例文を交えて解説!



ビジネスメールでの年末の挨拶文!マナーを例文を交えて解説!

社会人になれば、様々な場面でビジネスメールを送る機会が訪れます。その中でも、一年に一度だけの挨拶として「年末の挨拶文」の作成をする事があるでしょう。しかし、年末の挨拶文をビジネスメールとして送る際、マナー的にはどのような内容を書けば良いのでしょうか。年末の挨拶文をビジネスメールで作成する時に使える挨拶マナーだけでなく、例文も合わせてお伝えします。

年末の挨拶文の注意点

年末の挨拶をビジネスメールで送る際、注意したいポイントがいくつかあります。

  • 一人ずつ送る
  • 敬語の選び方
  • 時節の挨拶
  • 感謝の気持ちを必ず伝える

ひとつずつ解説していきます。

一人ずつ送る

企業の代表や重役、部署の部長で無い限り、ビジネスメールでの年末の挨拶文は一人ずつ送るのがマナーです。メーリングリストや一斉メールで年末の挨拶は、立場によってはマナー違反となるので注意しましょう。

敬語の選び方

ビジネスメールは基本的に敬語で作成するのが一般的です。しかし、その敬語も相手によって使い分けないとマナー違反になる場合があるので注意が必要です。

  • 相手・相手に関連している方には尊敬語
  • 自分・自分に関連している方には謙譲語

自分と相手との関係性によって尊敬語・謙譲語を使い分けるのがマナーです。ビジネスメールで年末の挨拶文を送る場合、基本的には自分に関係する方となる為、謙譲語を利用するのが良いでしょう。

時節の挨拶

年末の挨拶をする際、やはり年末といった時節の挨拶を含める事はビジネスメールとしてはマナーとなります。そこまでかしこまった言葉ではなくとも、「今年も残りわずかとなり…」といった形で作成するだけでも問題ありません。年末の挨拶にふさわしい内容を挨拶の中に取り入れてみましょう。

感謝の気持ちを必ず伝える

最も挨拶文の中で力を入れたいポイントが「感謝の気持ち」です。ビジネスメールで年末の挨拶文を作成する際、必ず注意したいのが“感謝の気持ちを伝える”という事です。挨拶文のメールを送る相手がどんな人であれ、こういった挨拶文の中では相手への感謝の言葉を加える事がマナーです。ネガティブな事や相手を不快にさせそうな言葉などは避け、あくまで“1年お世話になった”という事が相手に伝わるような内容の挨拶文が好まれます。

感謝をされて気分が悪くなる方は居ません。自分自身に対する好感度もアップするのでしっかりと感謝の気持ちを伝える機会としましょう。しかし、あまりにも相手を褒め過ぎたり文章が長いのはマナー違反です。あくまですっきり、きれいにまとめられている事が基本です。

年末の挨拶のタイミング

挨拶・マナー、ビジネスメール、マナー、年末、挨拶文、テンプレート

ビジネスメールとして年末の挨拶を送る場合、その送るタイミングにも注意したいです。あまり早過ぎても違和感がありますし、遅過ぎると年末の忙しい業務中にメールチェックする大変さを相手に与えかねないのでマナー違反となります。

理想的なのが、一般的な企業の最終営業日とされている12月28日です。仮にこの日が土日であれば27日や26日となりますが、最終営業日の1週間前または3日前までにメール・郵送で送るのがマナーです。取引先やお客様であれば、文末に年末の営業日と年始の営業日のインフォメーションも加えておくのが良いでしょう。いつから営業が始まるのかを相手に伝えておくとスムーズなビジネスのやり取りにも繋がります。

年末挨拶のビジネスメール例文

前述した注意点などを踏まえて、ビジネスメールにおける年末の挨拶文の例文を紹介します。

例文(件名)

年末のご挨拶 〇〇課 〇〇様

例文(本文)

いつも大変お世話になっております。
株式会社〇〇の〇〇部 〇〇です。

今年も残り僅かとなりました。

〇〇様には〇〇の折に大変お世話になり、おかげでつつがなくイベントを開催・成功に導く事が出来ました。
心より感謝しております。
来年は一層皆様のお役に立てるよう努力していく所存でございます。
引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

また、弊社の年末年始の休業期間でございますが、下記となっております。

年内営業日:12月◯日◯時まで
年始営業日:1月◯日◯時より

休業期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解頂けますと幸いです。

新年も何卒宜しくお願い申し上げます。

上記の例文は、取引先に向けたビジネスメールでした。例文の通り、件名は「年末の挨拶」という事が分かるようにしましょう。また、件名で年末の挨拶といった文面をいれずともマナー違反にはなりませんが、多数の年末メールが相手先に届いている可能性がある為マナーとしては入れた方がいいでしょう。

年末の挨拶文をメールで送って印象アップ

年末の忙しい最中、ひとつずつ挨拶文を作成するのは骨の折れる作業です。更に上司や取引先、お客様といった相手に送る場合はマナーに徹底的に注意しながら作成しなければなりません。一方で、年末の挨拶メールをマナー違反にならぬように作成出来る事であなたの評価も高まる可能性があります。相手に良い印象を与える年末の挨拶文を作成しましょう。年末は忙しいのであらかじめメールを作って下書き保存をしておくのも良いかもしれません。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中