書き方・例文

年賀状に句読点を付けてしまった!句読点を使わない・付けない背景を知ってルールを守ろう



年賀状に句読点を付けてしまった!句読点を使わない・付けない背景を知ってルールを守ろう

年賀状を出す際、新年の挨拶だけでなく、送る人に合わせた文を記載する人は少なくありません。多くの人が細かい事を気にせずに文を書いているかもしれませんが、実は年賀状の書き方にはルールが多く存在します。年賀状のルールのひとつである「句読点」の使い方を解説します。せっかく出す年賀状なので、ルールや書き方を知っておいて下さい。

年賀状と句読点

“昨年はお世話になりました。今年は、仕事面で飛躍したいと思っています。”

こんな風に、同僚・知人・友人に向けて年賀状に文を添えて送られる人は多いと思います。しかし、前述した文は年賀状のルール違反です。その原因は、「句読点」を使っているからです。一般的に文を見やすくする為に句読点は必須と言われていますが、なぜ年賀状では句読点を使わないのが良いのか、背景をチェックします。

年賀状で句読点を使わない・付けない背景

年賀状は“新年を祝う”為に出されるおめでたい葉書です。年賀状みたいなお祝い事に登場する文の場合、句読点は「おめでたい事にピリオドを打つ」といった意味合いを持つ為、ルール違反なのです。せっかくのおめでたい文であるにも関らず、句読点を付けてしまったら“先方との関係が終わる”といった意味を持たせてしまいます。こんな背景で、句読点は使わない・付けない事が望ましいのです。

年賀状に限らず、以下の文にも句読点は相応しくないといわれています。

  • 感謝状
  • 挨拶状
  • 賞状

卒業証書etcを思い返してみると、賞状etcに句読点が使われていなかった事が思い出されます。祝い事に関連する文には、句読点を使わない・付けないのが日本の慣習なのです。

もともと句読点は使わないカルチャーだった

一般的な文では句読点を使うのに、なぜ年賀状では句読点がないのか。それには、日本の古くからの伝統が関係しています。もともと日本には句読点が存在しませんでしたが、近代化につれて活字の文が増加しました。長い文を見やすいようにする為、句読点が導入されたといわれています。

本来、読み手の為を思って採用された句読点ですが、正式な文に句読点を使う場合「句読点がないと文が分からない教養のない頭が悪い人」と、“見下し”の意味合いが込められるようになってしまいました。先方の知性を見下すといった意味合いになってしまう事から、年賀状etc句読点を避ける慣習が広まったとされています

句読点を使わない・付けない年賀状の書き方

書き方・例文、句読点、年賀状、テンプレート

年賀状で句読点を避けるべき背景をお伝えしてきました。しかし、句読点無しで書いてしまうと、見づらくて読み手を思いやっていない・敬意が足りないと思われてしまいます。句読点を使わないで、すっきりと年賀状を作成するポイントをお伝えします。

  • 改行する
  • 長くない文を作る
  • フォントを選ぶ

それぞれ解説していきます。

改行する

句読点を使わずに年賀状を作成する際、改行・余白を上手に生かすのがおすすめです。

改行なし・ありの例文をチェックします。

  • 改行なし
    旧年中は大変お世話になりました本年も変わらぬおつきあいをどうぞよろしくお願いします
  • 改行あり
    旧年中は大変お世話になりました
    本年も変わらぬおつきあいをどうぞよろしくお願いします

後者の文面はすっきりとした綺麗な見た目でまとめられています。こんな風に、適宜改行を駆使するだけで句読点なしで年賀状を作成する事が出来るのです。学生時代の古典の授業を思い出してみて下さい。昔の日本のカルチャーで言うと、百人一首や和歌でも改行を使う事によって句読点を使わないでも見やすい文の校正をしていました。

長くない文を作る

文を見やすくするのが句読点です。つまり長くない文を作成する事で、そもそも句読点が必要なくなります。回りくどくせずに一文に情報を詰め込み過ぎず、簡潔に文を作成する事が上手に年賀状を作成するコツです。

フォントを選ぶ

近年は手書きではなく、年賀状作成ソフトやスマホアプリで年賀状を作成される人も増えています。その際、出来るだけ見やすいフォントで文を作成すると、句読点を使わずに綺麗に年賀状を作成出来ます。フォントによっては文字が連なると文字が潰れたり繋がったように見えてしまう事で見辛くなってしまうものもあります。特に極端な太字・文字同士の余白がない書式は要注意です。そんな見辛さを避ける為にも見やすいフォント使いをおすすめします。

句読点を使ってしまったら書き直す

頭では理解していても、いつものクセで年賀状に句読点を使ってしまいがちです。そんな時、修正ペンや修正テープに頼る人もいるかもしれませんが、ルール違反です。書き損じた年賀状は手数料がかかりますが、郵便局の窓口で年賀葉書・普通葉書・切手etcに交換出来る為、新たに書き直すようにすると良いです。

【まとめ】ルールを守った年賀状を作成しよう

気心知れた友人や知人に年賀状を送る場合、横書きであればそこまで句読点の有無にこだわる事はありません。しかし、親しい人でもルールを気にかける人もいるので、出来れば句読点なしの年賀状を送ったほうが好印象を与える事が出来ます。今年からは句読点を使わない・付けない、ルールを守った年賀状を作成すると良いです。ルールを守れる人という好印象を与える事で快適に新年を迎える事が出来ます。