【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
挨拶・マナー

車の送迎におけるビジネスマナーを解説!取引先送迎や社長送迎に役立つ!座席の上座を把握しよう



ビジネスパーソンの中には、車の送迎を仕事の一環としている方もいるでしょう。車の送迎はその名の通り、車で役員などを送り届けるなどの役割を担う仕事ですが、様々な場所にマナーが隠されています。やり方によってはビジネスマナーがなっていないという事で、自分の出世にも響く可能性があるのです。座席の上座をはじめとするビジネスマナーにおける車の送迎について解説します。取引先送迎や社長送迎に役立つので参考にしてみて下さい。

車の送迎の送迎

そもそも車の送迎をビジネスシーンで行うシチュエーションとは、どういった時なのでしょうか。まず、考えられるのが会社役員や社長やVIPの方を移動させる時に使うといったものです。

さまざまなシチュエーションで車を利用した送迎を行う事があるでしょう。

  • 自宅から会社まで送り届ける
  • 会社間の移動
  • 会食の移動手段

さて、そんな車の送迎の仕事ですが、ただ呼ばれたらそのまま車を出せば良いというものではありません。基本的に、社長など役員などのスケジュールに沿って運転手も行動を変化させる事から、そのスケジュールをしっかり把握していなければならない難しさがあります。

さらに、そのスケジュールも完璧にこなされるわけではない事から、臨機応変さが求められるでしょう。車の送迎は、公道に企業の重要な人物を乗せて走る事から、非常に安全性正確性が求められます。車の送迎と文字にすれば手軽な印象を与えますが、とても重要な役割を担っている事を忘れてはなりません。

車の送迎とマナー

挨拶・マナー、上座、車、送迎、テンプレート

車の送迎に関わるビジネスマナーについて解説していきます。車の送迎とはいえ、ビジネスシーンになると覚えておかなければならない事が少なくありません。

【車での送迎マナー①】ドアの開け方からこだわる

車の送迎を行う際、ドアを開けるのは運転手の役割です。会社の重役であろうと新人を乗せるのであろうと、自分自身でドアを開けさせるといった行為はビジネスの中ではマナー違反となるので注意を払う必要があります。

仮に運転手が車内で乗車される方を待っていたとしても、到着したらすぐにドアをあけてその方が座るであろう座席に一番近いドアを開閉しましょう。

雨が振っていたら決して濡らさぬように傘をさしたり、頭をぶつけないようにドアの縁に手を添えるなどの行為もポイントでしょう。乗車される方が電話中といった事もある事から、大声で話しかけたり、ドアの開閉を激しく行うなどはせず、あくまで繊細にドアを開閉するように心がけて下さい。

【車での送迎マナー②】荷物について

乗車される方によっては手ぶらといった事もありますが、荷物を大量に乗せなければならない場合もあるでしょう。まず、ビジネスマナーとしての基本は荷物がたっぷりと入るように、余計なものを車内に積まない事です。基本的には、緊急事態に備えられるものだけを入れて、余裕のある状態にしておく事が求められます。

仮にですが事前のスケジュールで荷物の多さなどを知っておくと車両を変化させるなど、そういった対応も出来るでしょう。また、乗車される方の地位によっては貴重品を預かる事があったり、取引先への手土産などを持参する事もあります。

こういった場合に備え、さまざまな準備を怠らない事も車の送迎を仕事にする際のマナーといえるのではないでしょうか。

【車での送迎マナー③】事前の打ち合わせもしっかりと!

毎日、同じ人だけを乗せ続けるといった車の運転手であればよいでしょう。ただ、その方のクセなどに応じて安全運転をし続ける事が、重要な仕事となります。しかし、不特定多数の方を乗車させたり、社長だけでなく取引先の重要人物を乗せる事があるなど、こういった場合はビジネスマナーをしっかりと守った運転方法が必要になります。

例えば、会社で最も重要な人物は社長ですが、会長を乗せたり、取引先のVIPを乗せるなどそういった場合も少なくないでしょう。その際、いつものように社長を上座に座らせるようでは、取引先の方の気分を害してしまう可能性があるのです。

立場関係がわからずに勝手に取引先の方を社長よりも好待遇してしまう事で、後々トラブルになる事も考えられます。こればかりは従事する企業の方向性によるものですので、予めしっかりと相談しておく事が必要になります。
仮に社長とはそういった距離感でなければ、秘書などと綿密に打ち合わせしておく事が重要です。大手企業などであえば、それだけハイレベルなビジネスマナーが求められます。自分勝手な行動だけは避けるように心がけたいところです。

【車での送迎マナー④】安全運転が基本

当たり前ですが、どんなに急いでいたとしても安全運転を心がけれない運転手はマナー違反と思われてしまうので注意が必要です。例えば、どうしても急ぎたい案件があるといった事を伝えられ、法廷速度以上のスピードで走ってしまう事はNGです。

事故を起こしてしまった場合、会社に大きな損失が与えられてしまいます。ケースバイケースではありますが、基本的には安全運転を心がけた運転を心がけたいところです。

【車での送迎マナー⑤】道をしっかりとインプット

近年、カーナビやスマートフォンアプリなどの発達により、土地を知らなくても安心して目的地までたどり着けるようになってきました。しかし、一方で道の渋滞であったり、さまざまな交通トラブルは予期しないものです。

近年はそういった道路情報を瞬時に把握出来るアプリなども出ているのですが、こういったシステムを導入しつつ、抜け道等もしっかりと覚えておくとよいでしょう。

とくにルートとしてよく通る道などは休日にもドライブして、どこを抜けたらどこに通じているかなどをしっかりと把握しておく事で工事中や渋滞を避ける事が出来ます。道をよく知っているだけでも一目置かれますので、必ず実行するようにしたいところです。

車の送迎も重要な仕事のひとつ

車の送迎はとても重要な仕事です。事故にあったり、遅れたり、さまざまなトラブルが発生してしまう事で会社全体の信頼を失墜しかねません。ビジネスマナーをしっかりと守り、質の高い運転が出来るように日々努力し続けていきましょう。取引先や社長からの信頼を得る為にも欠かせないです。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中