書き方・例文

支払確約書の書き方を解説!代金・金銭の約束に関わる書面!法的効力はある?テンプレートもおすすめ



支払確約書の書き方を解説!代金・金銭の約束に関わる書面!法的効力はある?テンプレートもおすすめ

代金・金銭の約束に関わる書面である「支払確約書」は知らないという人も沢山いらっしゃいます。一方、良く目にするドキュメントで、類似しているのが「契約書」です。確約書と誓約書は言葉は類似しているのですが、実は少し違う点もあるので、シーンによって使い分けが不可欠です。支払確約書の書き方を解説します。法的効力はある野かどうかについても触れています。テンプレートの利用もおすすめです。

支払確約書とは?

確約書とは、別名「念書」と言われています。

確約書より念書の方が一度は聞いた事があるという人が多いです。

確約書は、読んで字のごとく「確かに約束しました」という証明の為のドキュメントです。

契約に関わる約束を記載しています。

そして、支払確約書は「代金支払を確かに約束した」という証明の為に作られます。

金銭の他にも、下記のシーンで使用されているシチュエーションがあるのです。

  • 相続
  • 財産分与
  • 退職時の機密保持

確約書・契約書の違い

書き方・例文、支払確約書、テンプレート

契約書と確約書は類似しているようで、違いがいくつかあるのです。

企業はこの2つのドキュメントの違いを学び、的確に使い分ける事によって交渉をスムーズに進められます。

用途が違う

確約書は、上記でお話した通り「確かに約束した」というニュアンスで作られます。

契約書は、契約に関して両者の合意が結ばれているという証明の為のドキュメントです。

署名&捺印の方法が違う

次に、署名&捺印の方法も確約書・契約書には大きく違う点があるのです。

確約書は、一方だけが約束を結ぶという事なので、一方だけが署名、捺印を行うドキュメントです。

つまり、一方だけがこのドキュメントの拘束力が発揮するという事なのです。

契約書は、両者が合意の意思を示して契約の成立に至ったという事の証明の為のドキュメントなので、両者が署名、捺印・保管を行います。

金銭の代金支払いのシチュエーションであれば、金銭を借りた人が支払確約書を書いて、署名&捺印をし、相手に渡すという流れになります。

支払確約書の法的効力

支払確約書は法的効力を持ち、しっかりと「証拠」として力を発揮します。

本来、金銭の貸し借りは確約書が無くても成立は可能です。

しかし、「貸した、借りていない」etcの水掛け論を防ぐ為には、確約書が非常に肝心になります。

確約書は「証拠」となりますが、強制力は持っていないです。

確約書を強制力を持っているドキュメントに仕上げる為には、各手続を踏んで債務名義を作るべきです。

それらの各種手続きが面倒という方や、契約の内容でリスクが高いと判断したら、確約書より「契約書」の作成をおすすめします。

法律上の効力は10年間

確約書に期間を定めていないシチュエーションでも、法律上10年が最長と言われています。

したがって10年以上経つと効力はなくなるので、確約書に期間を定めるなら注意が不可欠です。

コピーでも有効

確約書は、原本でなくては法的効力が無いわけではありません。

確約書に署名&捺印があるドキュメントであれば、念の為複写を保存すれば、万が一の際でも安心です。

支払確約書の書き方

支払確約書の書き方において不可欠な項目・ポイントを解説します。

最低限、下記の項目は書きます。

約束事項には、曖昧ではなく出来るだけ詳細・具体的に記載すべきです。

表題

表題は分かりやすくシンプルに「支払確約書」が良いです。

借用者情報

借用者の氏名・会社名・部署名の情報を書き込んで下さい。

債務の承認

「下記の事項を厳守する事を約束致します」といった文言を書き込んで下さい。

約束事項

約束事項を書き込んで下さい。

この時、下記の情報に関して詳細に記載しておく事が肝心です。

  • 貸した金額
  • 月々の支払額
  • 何回払いか
  • 返済の約束事で関係している場所
  • 返済方法
  • 分割で返済なら、毎月の返済日

箇条書き形式の書き方だと分かりやすいです。

年月日

年月日には、署名を頂く際に記入出来るように開けておいて下さい。

署名&捺印欄

署名&捺印欄をあらかじめ作って下さい。

上記での項目で、「確かにお金を借りた」という文言がないなら、下記のような返済を約束する文言と一緒に署名欄を書面に入れておく事も可能です。

「私  署名  は確かに○○円を借用者(借用者氏名)に借り、上記の項目を厳守し返済を約束致します。」

支払確約書の留意点

用紙は自由

用紙のサイズや種類は自由です。

チラシの裏面に本人が直筆で書いたものでも有効となります。

緊急の際etcでも近くにある用紙に文章を書き込み、署名&捺印を行ってもらった支払確約書でも有効です。

署名は消すことが不可能なペンで

署名は不正を防ぐ為にも、鉛筆ではなく必ず消すことが不可能なペンで書き込んでもらって下さい。

消せてしまうボールペンも販売されていますが、そういったペンもNGです。

全文直筆が最も有効的

支払確約書は、出来れば全文章を直筆で書き込んでもらう事が一番有効です。

しかし、直筆で書面を書けないシチュエーションでも必ず署名だけは本人直筆印鑑証明付きの実印で捺印が肝心です。

署名&捺印を行う環境

支払確約書を「拒否しているのに無理矢理署名させられてしまった!」と主張されてしまう事例もあるのです。

そういったトラブルを防ぐ為にも、署名&捺印を行ってもらう際は、証言が他の人からも取れるように、可能な限り第三者が居る場所で書面を作る事をおすすめします。

法的効力を持つ金銭絡みの「支払確約書」、書き方は慎重に!

支払確約書は、別名「念書」ともいわれていて、確かに約束しましたという事を証拠に残す為のドキュメントです。

支払確約書の作成前に知っておきたい注意点は下記の4点です。

  1. 10年以上の効力は持たない
  2. 「確かにお金を借りた」という文言が不可欠
  3. さらに有効的な支払確約書を仕上げるには、全ての文章を手書きで、捺印は印鑑証明書付きの印鑑が有効
  4. 用紙は自由だが、記入は必ず消すことが不可能なペンを用意

支払確約書をワードといったソフトを使った書き方で作り上げるのであれば、無料でダウンロード出来るテンプレートを利用すれば、手間が省けます。

適宜、ご自身で簡単に編集出来るので利用をおすすめします。