挨拶・マナー

年賀状の宛名や連名のマナーについて解説!ビジネスでも家族相手でも失礼のない対応が出来る!



年賀状の宛名や連名のマナーについて解説!ビジネスでも家族相手でも失礼のない対応が出来る!

住所や宛名の書き方でつまづいて年賀状の作成が進まない!年賀状に連名っていいの?など、年賀状を出す際に宛名や連名について悩む事はありませんか?年賀状を出す相手が結婚していたり、会社へ送る場合など年賀状の作成に戸惑う事が沢山あります。宛名の書き方・マナー・連名についてご紹介しますので、年賀状作りにお役立て下さい。

年賀状の宛名とは?

年賀状に限らずすべてのハガキには「裏面」「表面」があります。表面は宛名を、裏面には伝える内容を記載するのですが、近年では差出人を裏面に記載する事も多くなっています。基本的には、表面に宛名・差出人の住所や名前を記載します。宛名・差出人の書き方にはルールが存在します。間違えていたら少し恥ずかしい思いをするので、書き方が正しいかどうか、解説をチェックしながら作成する前に確認して下さい。

年賀状の宛名の基本的なマナー

挨拶・マナー、マナー、年賀状、テンプレート

年賀状の宛名における基本的なマナーをご紹介します。

住所の書き方とは?

住所は省略してしまうと「失礼な人」と思われてしまう可能性もありますので、分かる範囲でしっかりと正確に記載して下さい。

数字の書き方

宛名を横書きにする場合は数字縦書きにする場合は漢数字を使用して下さい。

住所の書き方のバランス

一般的には住所は縦書きで記載し、郵便番号7桁の小枠の右側2つの中心に住所と宛名を合わせるとバランス良く記載出来ます。マンション名やビル名は、住所の文字よりも一回り小さな文字で住所より下げて記載するように心がけて下さい。

宛名の書き方とは?

宛名で迷う方も少なくないです。

  • 会社の個人に年賀状を出す場合は「〇〇○株式会社 〇〇部 課長 〇〇 〇〇様
  • 会社に対して年賀状を送る場合は「〇〇株式会社御中」もしくは「〇〇株式会社 〇〇部御中

文字の大きさにも気を付けて下さい。氏名は大きめな文字で。会社名・部署名は一回り小さい文字で記載すると読みやすいバランスになります。

年賀状の連名の基本的なマナー

年賀状の連名について、基本的なマナーをご紹介します。

夫婦宛・夫婦から年賀状を送る場合の連名について

夫婦ともに、面識のある場合は連名で送って下さい。夫・妻片方にしか面識がない場合でも、今後付き合いがあるかもしれないという事も考慮し、連名にしておく方が良いです。連名の書き方は、右から「世帯主(夫)→妻→子供」の順で氏名を記載して下さい。全く面識がなく、今後付き合いが無いという場合は、連名にしなくても問題有りません。しかし、「旦那様(奥様)にもよろしくお伝え下さい」など、お相手を気遣う一言があれば尚良いです。

子供がいる場合の連名について

子供がいる場合、連名にしておくと喜ばれますが誤字脱字は失礼です。事前に子供の名前・漢字を確認しておく必要があります。全く面識がない場合は、入れなくても問題ないです。

会社向けの年賀状の連名について

会社向けの場合、連名は避けて下さい。なるべく個人別で送付し、部署名や肩書などもきちんと記載するようにして下さい。また、取引先に送る場合でも同様に連名は避けて一人ひとり個別で送るようにして下さい。それぞれ記載の順番は右から「会社名→部署→肩書→氏名」の順番です。

人数が多い場合の連名について

連名に入れる人数が多い場合、スペースが足らず書ききれない事もあるかと思います。4人以上になるとスペース調整が難しくなります。無理して全員分の名前を書こうとせずに「御一同様」として送って下さい。連名の中に名字が違う方は名字を省略せずに書くようにして下さい。また、連名には一人ずつきちんと敬称をつけて送るようにして下さい。

その他年賀状の基本的マナーについて

その他年賀状を作成する前に知っておくと良い基本的なマナーをご紹介します。

二世帯どちらにも送る場合について

一つの家に二世帯で住んでいて二世帯共に面識がある場合、一枚にまとめて送りたいところですが、まとめてしまうのはよくありません。一世帯ずつ別々に送るようにして下さい。二世帯のうち、どちらか一世帯にしか面識がない場合であれば面識がある方のみに送るようにします。

敬称の使用について

敬称についての間違いは意外と多くあります。敬称は「」「御中」「先生」「各位」などが挙げられますが、例えば「社長様」や「〇〇株式会社様」はNGです。

さらに「〇〇株式会社御中 〇〇社長様」「〇〇株式会社御中 ご担当者様」という間違いも多く見られます。敬称の併用は原則使用しないとされているので、会社名と宛名を記載するのであれば「〇〇株式会社 〇〇様」と氏名の方に敬称を使用するようにして下さい。「〇〇各位様」も間違いです。「〇〇各位」として下さい。

氏名に対する敬称は通常「様」ですが連名に子供の名前を入れる場合「ちゃん」「くん」でも問題ありません。ただし、成長に合わせて「様」に切り替えるよう気をつけて下さい。

敬称を間違えて送ってしまった場合

敬称を間違えて送ってしまった場合は、一言お詫びのメールや電話などを入れておいて下さい。敬称を入れ忘れた場合も同様、お詫びをするのがマナーです。

年賀状の横書きと縦書きについて

年賀状は基本的に縦書きとされています。特に目上の方やご年配に送る場合は横書きだと失礼と感じられる事もあります。年賀状を送る相手が親しい間柄な場合は、横書き・縦書きどちらでも問題ありませんが、不快な思いをさせてしまう恐れもあります。横書きのほうが綺麗に書ける・書きやすいと感じる方も多く、自分の書きやすい方向で書きたいところですが、基本的には縦書きで作成する事をおすすめします。

【まとめ】書き方マナーを守って年賀状を作ろう!

年賀状には昔から細かいルールが存在していて、若い世代ではそのルールを知らないという方も沢山いらっしゃいます。友達同士で送り合う年賀状に関しては、その細かいルールは無視しても問題ないです。一方、会社・上司・ビジネス相手・年配の方に送る場合は、年賀状の基本的なマナーをチェックしてから作成する事をおすすめします。失礼のないように年賀状を作る事で気持ち良く心配毎のない状態で新年を迎えて下さい。