書き方・例文

目標管理シートの書き方を知ろう!看護師・技術職・営業・事務と幅広く活用出来る!無料のテンプレートあり!



目標管理シートの書き方を知ろう!看護師・技術職・営業・事務と幅広く活用出来る

介護士や調理師、看護師、新入社員、営業職、技術職、事務職、保育士、教員、製造業、工場など様々な業種の人が目標管理シートを作成する機会があるかもしれません。長年目標管理シートを作成されている方は慣れていますが、新人の方など未だ目標管理シートを作成した事がないという方は書き方が分からず困ってしまうでしょう。目標管理シートの書き方を中心に記入例・注意点・テンプレートを解説します。

目標管理シートとは?

目標管理シートとは、文字通り従業員の個人個人の目標を管理する書類です。個人の業務目標を決めて、その目標を達成する為の進捗を記録して自分の目標までどこまで出来るようになってきたかを可視化する為の書類です。

目標管理のツールは様々!

エクセル形式の他、最近ではアプリなどで管理する会社も実在します。目標管理シートは、個人ではなく、あるプロジェクトにおいてはチーム単位での目標管理シートを作成する場合もあります。

目標管理シートは企業で作成される事が多い!

新入社員にありがちですが、突然、目標管理シートを作成するように指示を受けたという事象があります。目標管理シートの作成これは、会社でどのような業務を覚えていかなければいけないのか理解する為には必要な事です。このように突然目標管理シートを作成する事になる方は少なくないでしょう。

仮に、お正月がやってきたとして、新年をきっかけに気持ちを新たにして今年の目標を個人的に作成する為に目標管理シートを作成する方もいらっしゃるでしょう。しかし、一般的には企業で作られるものであり、所属部署やチーム、さらに会社向けて個人が提出する目標における表という事がほとんどです。

目標管理シートは士気を高める指標

基本的に、目標管理シートは必ず達成しないとその会社を首になってしまうというものではありません。その目標に対してチーム一丸で頑張っていこうという士気を高めるような意味合いをもって作成される事もあります。目標管理シートを作成する事によって、そのチームの気持ちがひとつとなり、実際にその目標に向かって動く事が出来る事にも繋がるので重要視されています。もちろん、自分の目標に対して、現状でどのくらいの達成度あるかなど可視化出来る事も重要です。

目標管理シートの書き方ポイント

書き方・例文、目標管理シート、テンプレート

目標管理シートを作成する場合、どのような点に注意すれば良いのかをチェックしましょう。

業種によって書き方・テンプレートは変わる!

目標管理シートは、各企業によって変わってくる上に、看護師・技術職・営業職・事務職など、職業によってもその目標は変わってきます。業務内容が違うので当然です。

  • 営業職・・・自分がどれだけの数字を作れるか
  • 看護師・・・1つ1つの業務をどこまで覚えれたか
  • 製造業・・・ライン工場で工程をどこまでミスなく効率的に作業をこなせているか

上記の通り、全ての職業に当てはまる目標管理シートというのは存在しません。

目標管理シートは自分のやるべき事を考えるきっかけ!

目標管理シートを作成する際、自分でやらなければいけない仕事は何なのかを自分自身で考える必要が生じます。言われた事をやってるだけでは仕事とは言いません。お金をもらう以上プロとしての仕事をしなければなりません。全ての職業の為の目標管理シートは存在しないですが、目標管理シートは基本的な部分はある意味ではどの職業も一緒です。なぜなら自分の目標を現状に基づいて考えるという点は共通しているからです。

自分の得意・不得意を見つめなおす機会

自分の現在地点をまずは知る事が大事です。その上で、自分が出来てない業務を知るという事も欠かせません。仕事が遅くて出来ないのか、技術的に出来ていないのか、また、現在、出来てる仕事に関しても自分の中で10点満点中何点で出来ているのかなども把握しなければ目標管理シートは作成出来ません。

どのようなポイントから考えるべきか分からない方はテンプレートを参考に!

様々な注意点をピックアップしましたが、まだピンとこないという方は、インターネット上にある無料の目標管理シートのテンプレートを見てみるのも参考になるので良い方法です。新入社員の方は、目標管理シートを上司に提出して共有する場合もあるでしょう。適当に作成した目標管理シートは、すぐに見抜かれてしまいます。このような事にならないように、しっかりと考え抜いて、自分の職業に合った適切な目標管理シートを作成しましょう。

目標管理シートの書き方のコツ

目標管理シートを作成する為に、欠かせないものがあります。

  • 組織目標の周知
  • 目標を踏まえた上での個人的な目標設定

簡単に例を挙げて説明します。年間売上が100万円だった場合、個人で10万円を達成出来れば全体の売上も達成可能です。チーム一丸で100万円を目指そうという形です。一人で90万円を目指すから、他の人たちは10万円でいいという目標設定はうぬぼれていると思われてしまいますし、無謀で非現実的でもあります。欲張りすぎないように現実的な目標を立てる心がけを忘れないようにしましょう。要するに、周囲のチームに納得してもらえる、現実的な範疇の個人目標設定をする事が大切です。

中間地点におけるフィードバックも大切!

年間目標・月間目標・週間目標など様々な期間の違いはありますが、評価対象期間の中間地点でしっかりと報告出来るような内容にする必要があります。そして、評価対象期間について仲間としっかりと認識を合わせておく事も大切です。上記の例では、数字を元に書き記しましたが、営業職の場合は数字を追っていくものですので数字が基準となった目標になるでしょう。その他の看護師・技術職・事務職などになると評価の指標も変わってきます。

目標管理シートはあくまで指標・目安!成長のきっかけに!

目標管理シートの落とし穴が、目先の目標だけを表面的に追ってしまう事です。単純に数字の目標を設定するだけでは、何の成長もありません。先ほど挙げた例で言うと、目標の数字を達成するだけでなく、営業職で数字を上げるという事を前のめりで考えていく姿勢が大切です。法人営業であるなら自分が売る商品の単価を全て把握し、扱う商品を誰よりも知っておく必要があるでしょう。

考えるべきポイントは幅広くあります。

  • お客様にどのように自分を信頼してもらうか
  • 契約してもらう為のポイントは何なのか

このように様々な事を考え、受注から逆算して数字を上げる為の目標管理シートを作成すれば社員一人一人の着実な成長に繋がります。

目標管理シートの書き方

実際に目標管理シートを書く時はどのような書き方がおすすめなのか、細かな部分を説明します。

目標を記載する!

目標管理シートを作成する場合は目標を記載する欄を設定して下さい。評価対象期間で実現の為のミッションとなります。そして、達成基準を記載する欄とそれに対するプロセスを掲載して下さい。これで、しっかりと理解する事が出来ます。

評価欄でフィードバックを!

評価対象期間の中間地点を作成するのであれば被評価者・評価者の評価記載欄を作成しましょう。中間的に、どの程度まで目標を達成出来たのかを可視化する事で達成感を感じる事も課題を再認識する事も出来ます。

成果・反省点を掘り下げてブラッシュアップ!

評価を補足する為のコメントの欄も作成しましょう。具体的な見解を社員・管理職や先輩の双方が認識し合う事によって今後のモチベーション維持にも繋がるので大切な部分です。

実現可能な目標を!

基本的には、期限・行動目標・成果を記載出来る欄があれば問題ありません。ただし、出来るだけ実現可能なものを設定する事が必要です。無理な展開にし過ぎる事でプレッシャーがかかったり、目標を作成した意味がなくなるので注意して下さい。

書き方の参考にテンプレートをチェック!

上記の説明でイマイチ理解が難しいという方・もっと掘り下げた目標管理シートが作成したいという方は、無料の目標管理シートのテンプレートをダウンロードしてみるのも1つの手段です。いくつかのテンプレートをダウンロードしてみて自分の業種に合う目標管理シートが見つかった場合、どのように目標管理シートを書き進めていくのかの参考になるでしょう。

目標管理シートの目標

目標管理シートを作成する場合、どのような内容の目標にするのかを決定するポイントが最重要事項です。

  • 年度末までに○○件の顧客を獲得し、さらに売上を○○円に伸ばす
  • 第二四半期末までに広告掲載媒体を数倍にし、さらに売上をより高めていきたい
  • 1勤務あたり○人のお客様に声をかけたい

職業に応じて、目標管理シートを作成するようにする事が大切です。このように業種ごとに数字を求めていく事が基礎的な目標を立てる指標になるでしょう。

  • 営業職・・・売上の数字・粗利
  • 事務職・・・事務ワークをみんなと連携して時間内に終わらせる
  • 工場勤務・・・1時間にいつもは10個出来るが、15個出来るようになる

時間や数字を目標に入れ込む事は大事な要素になってきます。定性的目標よりも、定量的目標の方が具体性があるため、達成しやすい・管理職などの第三者が見ても進捗率が一目で分かるというメリットもあります。

目標管理シートのテンプレートをダウンロード

目標管理シートを作成する際、全てを自分で作成するとなると負担に感じてしまう方も少なくありません。そのような場合、目標管理シートのテンプレートを利用して自社や自分自身に使えるようにアレンジするとよいでしょう。。

目標管理シートは、法的な効力があるわけではなく、公的な文書でもありません。だからこそ、自由に作れるのですが難しいポイントも出てきます。目標管理シートの例文や書き方やマナー&無料テンプレートより色々な業種で利用が出来るテンプレートが無料でダウンロード可能です。

目標管理シートを手軽に作るのであれば、目標管理シートのテンプレートを上手に利用しながら作成してみてはいかがでしょうか。色々な目標管理シートのテンプレートが無料でダウンロード出来ますので、記入例として非常に参考になりますし、便利ですし、色々な業種の目標管理シートのテンプレートを見る事によって目標管理シートの書き方に対するスタンスも変わってくるでしょう。

目標管理シートは具体的・数字・現実的を目安に!

目標管理シートは、業種にもよりますが、実現可能な目標を数値化して立てる事が求められます。あまり、大それた目標を立てるのではなく、リアルに実現出来るような目標を具体的に書き上げた目標管理シートを作成するように心掛けてみましょう。実現が難しく夢のような目標を立てても意気込みだけが先走ってしまい、達成されなかった時に意味がありません。

現状よりも少し上の目標を立てる事で、どのような工夫・過程を具体的に行う事で目標が達成出来るのかが、明確に理解出来るようになります。適切な書き方を身に着けて、目標管理シートを自分自身やチーム全体の現在位置の確認・モチベーション維持に生かしましょう。