【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中
書き方・例文

7月にぴったりなカジュアルな季節のあいさつ文について書き方を例文と一緒に紹介!季語を駆使して夏をたっぷり感じよう



7月にぴったりなカジュアルな季節のあいさつ文について書き方を例文と一緒に紹介!季語を駆使して夏をたっぷり感じよう

7月は夏本番の季節になる為、夏っぽさがわかりやすく感じられる季節のあいさつ文を作りたいところです。季節のあいさつ文は季節感やそのときの話題となっている話に触れたり季語を取り上げるのが一般的です。7月という時期をどのように表現しようか悩んでいる方は少なくないです。

しかし季節のあいさつ文といっても、友達や家族に宛てる手紙のときは、あまりにもかしこまった雰囲気になるのは避けたいところです。親しい間柄の人には、カジュアルな季節のあいさつ文を用いて、馴染みやすい雰囲気を出せばナチュラルです。7月に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文を、いくつかの例文をピックアップしつつご紹介していきます。

7月のカジュアルな季節のあいさつ文のポイント

7月に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文のポイントは、まず、話し言葉を意識して書く事です。季節のあいさつ文というと、ビジネス色の強い堅苦しい文章をイメージしがちですが、相手が親しい人なら必要以上に堅い言葉を使う必要はないです。

むしろ口語調の話し言葉で、柔らかい表現でカジュアルに書くほうが悦ばれます。そのほうが冒頭から抵抗なく気軽に読みやすいですし、自分自身の優しさや気遣い、季節の移ろいを大切にするハートが伝わります。好印象間違いなしです。

それだけでなく、季節のあいさつ文では、相手との関係性やシーンを問わずに、季節感を考慮に入れる点が肝心になってきます。7月といえば、夏本番の暑い季節です。中ごろには梅雨明けもあり、学生は夏休みに入る頃になります。またその前には七夕もあります。日本の四季折々のイベントを頭の片隅に置いておくと風情ある人間になれます。

7月上旬に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文【例文】

書き方・例文、7月、カジュアル、季節の挨拶、テンプレート

では、はじめに7月上旬に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文を見ていきます。7月上旬は、まだ6月からの梅雨のシーズンを引きずっている事が多いのが特徴です。その為雨の日が長く続いている事に触れたり、もうすぐ梅雨明けになる事を話したりするのがタイムリーでナチュラルです。

また上旬には七夕があります。カジュアルな季節のあいさつ文なので、願い事に触れて馴染みある挨拶文にするのも素敵です。

例文その①

6月から長く雨の日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

例文その②

雨の日が多く、青空が恋しくなりましたね。皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

例文その③

7月に入り、そろそろ梅雨明けの時期が待ち遠しいですね。気温も上がってきましたので、夏バテにはお気を付け下さい。

例文その④

可愛らしい七夕飾りを、街中でもよく見かける時期になりました。〇〇さんは、どのような願い事をされたのでしょうか。

例文その⑤

そろそろ夏休みに向けて、学校では終業の準備が始まっている頃でしょうか。夏休みに入ると、またお家がにぎやかになりますね。

7月中旬に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文【例文】

続いて、今度は7月中旬に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文をチェックしていきます。7月中旬に差し掛かると、梅雨明け宣言が出される頃になります。その為梅雨明けや夏らしい暑い日が続いている事に触れて、カジュアルな季節のあいさつ文を作るとナチュラルです。

ほかには朝顔や花火、海開きなどの季語を取り入れるのもおすすめです。以下の例文を参考に、季節のあいさつ文を作れるとナチュラルです。

例文その①

梅雨明け宣言が出されましたね。これから夏らしい晴れやかな日が続いていくと思うと、わくわくします。

例文その②

梅雨が明けて、より一層暑さが厳しくなりましたが、体調を崩されてはいませんか。

例文その③

可愛らしい朝顔が花開く季節になりましたね。毎日厳しい暑さが続きますが、朝は比較的涼しくてさわやかな気候が感じられるので、最近は日傘をさしつつ朝に散歩をしています。

例文その④

梅雨が明けて夏本番となり、我が家では毎日のようにかき氷を食べています。

7月下旬に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文【例文】

最後に、7月下旬に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文をまとめていきます。7月下旬は、学生は夏休みに入って家で過ごす頃になります。そういった環境の変化に触れたり、台風について話したりすると、7月らしい季節のあいさつ文の出来上がりです。

また、7月下旬は厳しい猛暑となる8月に向けて季節が進んでいくタイミングです。もしくは、すでに猛暑日が続いている地域も多いです。熱中症にならないよう、相手を心配する文章を入れるのも、季節のあいさつ文としてはおすすめです。

例文その①

梅雨が終わり、今度は夕立が増えましたね。我が家では、雷が鳴るたびに子供たちが大騒ぎしております。

例文その②

夏本番となり、学校は夏休みに入りましたが、お家はにぎやかですか。

例文その③

毎日のように猛暑が続いていますが、ご体調はいかがですか。クーラーで体を冷やし過ぎていないか、心配しています。

例文その④

7月も後半になり、セミの鳴き声がよりいっそうたくさん聞こえるようになりましたね。いかがお過ごしでしょうか。

【参考】7月のカジュアルな季節のあいさつ文で丁度いい季語

7月に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文を書くときは、以下のような7月らしい季語を意識するとナチュラルです。どのような内容に触れて季節のあいさつ文を仕上げれば良いのかわからない…と迷ったときは、季語を参考にしてみて下さい。

  • 七夕
  • 海開き
  • 山開き
  • 海の日
  • 土用の丑の日
  • 夏休み
  • 小暑
  • 大暑
  • 朝顔
  • かき氷
  • 花火

特にかき氷やアイスクリームなどのカジュアルな食べ物は、熱中症などの暑苦しさを吹き飛ばすような季節のあいさつ文にぴったりです。カジュアルな季節のあいさつ文を書くときに季語や内容に困ったときは、上のような季語を積極的に意識すればナチュラルです。

7月に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文は季語を駆使して夏をたっぷり感じよう

7月に丁度いいカジュアルな季節のあいさつ文は、上旬・中旬・下旬といったように時期にあわせて季節感のあるものを選ぶとナチュラルです。7月は夏本番の季節の始まりの為、暑さや夏ならではの植物、食べ物、行事などに触れた季語を使いこなして季節のあいさつ文を組み立てるのがおすすめです。

その際には例文や季語などを積極的に参考にして、文章を仕上げるとナチュラルです。友達や家族への手紙にカジュアルな季節のあいさつ文があれば、親交も一層深まって人間関係にとってポジティブな影響がプラスされるはずです。


【簡単】LINE公式にて1,000円PayPay抽選中